ニュース

国内男子キヤノンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

手負いの谷原、「3割」スイングで首位浮上!

「ビッグスコアが出たのが、みんなに申し訳なくて・・・」。とても「66」を叩き出して首位タイに浮上した選手の言葉とは思えない恐縮ぶり。「キヤノンオープン」3日目に4連続を含む7バーディ、1ボギーをマークした、谷原秀人の言葉だ。

もともと痛めていた左肩が、先週に入り悪化。今週は「棄権しようかと思った」というほどの痛みを抱えているという。左肩には、ガチガチに巻かれたテーピング。「今日はパターだけ。あとは何も無いです」。派手なプレー内容とは裏腹に、その言葉にはまるで覇気が無かった。

満足にスイングができないほどの痛みをカバーするため、今週はドライバーとスプーンのシャフトをXからSに替えた。「シャフトのしなりで飛ばしている感じ」と、普段の3割程度の力で振っているという。アイアンは1番手ほど距離が落ちるというが、「力が入らないので、リラックスしながらやっています。怪我の功名ですね」。まさに、その言葉がピッタリの内容となった。

首位で迎える最終日だが、明日の目標は「完走です」と一言。やはり、景気の良い言葉は返ってこない。「怪我の功名」がいったいどこまで続くのか。明日は最終日・最終組で、石川遼横田真一とともにプレーする。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 キヤノンオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!