ニュース

国内男子コカ・コーラ東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

松村道央「これで日本オープンに出られる!」

2010/10/03 18:36


愛知県の三好カントリー倶楽部西コースで開催されている、国内男子ツアー第17戦「コカ・コーラ東海クラシック」の最終日。通算8アンダーの3人で行われたプレーオフを制したのはツアー5年目の松村道央だった。

通算4アンダーの4位タイからスタートした松村は、2番でボギー、6番ではダブルボギーを叩き、通算1アンダーに後退し、この時点で首位とは7打差と優勝争いから完全に取り残されてしまった。

<< 下に続く >>

ところが、7番パー5でバーディを奪うと、9番、そして11番から3連続バーディ。そして終盤の17番、最終18番と連続バーディを奪い、通算8アンダーまでスコアを伸ばした。圧巻だったのは18番のバーディパット。13mの超ロングパットを沈めた松村は、右手を前方に突き上げる力強いガッツポーズを見せた。

そしてプレーオフでは、終始安全にグリーンセンターに2オンすると、パッティングは強気でカップをオーバーさせてパーセーブを繰り返した。その結果、1ホール目で兼本がボギーを叩き脱落。さらに3ホール目には藤田が2打目で池に入れてダブルボギーとスコアを崩し、松村がツアー初優勝の栄冠を掴むことになった。

「まだ実感はわきません」という松村だが、ロッカーに入り携帯電話を確認すると、お祝いのメールが数多く届いていたという。そして、この優勝で2週間後に開催される「日本オープン」への出場資格を得ることになった。

「日本オープンは毎年出たい試合なんです。先週は5位以内に入れば、資格がもらえたんですが、最終日にやらかしてしまって。あとはもう優勝しかないなと思っていたんです。そしたら、本当に優勝することが出来ました」と嬉しそうに話す。

日本オープンは今大会と同じ愛知県の愛知CCで開催される。観戦に訪れるギャラリーの中には、この日松村の勇姿を目の当たりにした方も多いことだろう。その際には松村のプレーを応援するファンが急増しているかもしれない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 コカ・コーラ東海クラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!