ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

メジャーへの道を切り拓くプレーに期待/チームPRGR

今季の世界メジャー第3戦となる「全英オープン」は、ゴルフ発祥の地とされる聖地セントアンドリュースで7月15日から開催される。
その日本予選最終戦となる「~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック」が6月24日(木)から兵庫県西宮市のよみうりカントリークラブ(7230ヤード・パー72)で始まった。

前週のオープンウイークにチームPRGRの谷原秀人は、タイで行なわれたアジアンツアーの「クイーンズカップ」に出場し、18位タイの成績を残して帰国。真っ黒に日焼けして「ミズノオープン」に臨んだ。

「鼻の頭の皮がむけるほど暑かったけれど、ショットの調子を持続できたのが嬉しい。上位4名に入ったら「全英オープン」に出場できるので、そのチャンスをぜひとも手にしたい」と火曜日の練習ラウンドから入念な調整を繰り返していた。
「日本ツアー選手権」から使い始めたプロトタイプのスプーンが強い味方になっているという。

初日は2、3番ホールで連続バーディを奪い、前半を2アンダーで折り返した。しかし、後半は2ボギーとして結局イーブンパーでフィニッシュ。45位タイの発進となった。
「前半の勢いに乗って後半もスコアを伸ばして行きたかったけれど、影からのショットやパットになってしまったし、パットのタッチをつかめず、ショートを繰り返したのが悔やまれます」と谷原。
06年の「全英オープン」では5位という成績を残しているだけに、「もう一度、あの(全英オープンの)舞台でプレーしたい」思いは強い。「ショットが良いだけに、パットのタッチをつかみ、残り3日で猛チャージします」と谷原は言い切った。

「全米オープン」に出場し、1打及ばず予選落ちを喫したチームPRGRの矢野東は、時差ボケを押しながら火曜日の練習ラウンドからコースに足を運び、調整を行なった。

「予選落ちはしましたが、世界の舞台でプレーして長いトンネルをようやく抜けられた気がします。調子自体は決して悪くないので、トンネル脱出の証を結果で出したい」と矢野。シルバーブレードパターのプロトタイプを早速使い始め、本戦でもセッティングに加えるほど気に入った様子だった。

初日から好発進を切りたかったものの、2バーディ・4ボギーの2オー
バー・81位タイと出遅れた。「練習グリーンの方がコース本グリーンよりも速く、タッチが合わなかった。でも、試合が終わったわけではないし、メジャーへの扉が完全に閉ざされたわけでもありませんから、こじ開けてみせます」と矢野は強気。そんな言葉を口にできるほど、心身ともに充実しているようだ。

全英への道、そして復活への道を切り拓くプレーを期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 ~全英への道~ミズノオープンよみうりクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。