ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯の最新ゴルフニュースをお届け

谷口徹は自画自賛「勝因は自分の実力(笑)」

2010/05/16 18:30


「もうちょっと平塚は優しい奴と思っていたけど、先輩いじめの悪い奴ですね」。今季国内男子メジャー初戦「日本プロゴルフ選手権 日清カップヌードル杯」最終日を終え、平塚哲二を1打差で振り切って、自身3度目のメジャータイトルを獲得した谷口徹は、いたずらっぽく笑う。

この日の最終日、谷口が1打リードで迎えた最終18番。4mのバーディチャンスにつけた平塚に対し、谷口は若干遠い5m。「なんかあっちの方が入りそうやし、こっちは段を上る時どの位切れるか分からんなって・・・」。谷口のバーディパットがカップをかすめ、平塚が放ったパットも、僅かにカップを外れて止まった。

<< 下に続く >>

「運がほんのちょっと僕にあったかな」という谷口。1番のティショットを右に曲げたが、目の前にある木の2~3mの隙間を抜いてグリーンを狙うと、奥の崖下のラフへとこぼれる。グリーン面までは数メートルの打ち上げ。「(ピンは)見えたような、見えなかったような・・・」。土手にワンクッションさせようと思ったという谷口だが、狙いよりも高く出て、強い勢いでグリーン面へ飛び出した。「ガッシャン!」これがピンを直撃して、20cmに止まる。打つ前は「ボギーもピンチだと思った」という谷口だが、結果的にお先にパー。「あんなラッキーはスタートから無いよな」と、振り返った。

このオフは、松村道央岩田寛武藤俊憲山下和宏上田諭尉ら若手達と合宿を敢行。「練習から試合並みにゴルフしないと意味無いんで、こてんぱんにやっつけておきました」と、若手にゴルフの厳しさを教えつつ、逆に負けられないという刺激も受けた。

「今まで何回かチャンスはあったけど、中々勝てなくて・・・」と、優勝インタビューに答える谷口。「今日はチャンスを逃さないぞと。年齢もあるし、次があると思ったら大間違いだと思い、絶対持って帰ろうと朝から言い聞かせてやりました」。ベテランの存在感を見せ付ける、自身通算16勝目だった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!