ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯の最新ゴルフニュースをお届け

【GDO EYE】男子ツアーではドライバー長尺化が流行の兆し

2010/05/15 19:09


「日本プロゴルフ選手権」3日目を終えて、首位タイに浮上した谷口徹は、会見で嬉しそうに切り出した。「ドライビングディスタンス見た?31位よ。いつもカットライン(60位)くらいだけど、今週は予選通過。それが嬉しいね」。

今週は、4番と10番でティショットの飛距離を計測しているが、2日間を終えて谷口の言うとおり順位は31位で、2日間の平均飛距離は293.25ヤード。飛ぶようになっている。

<< 下に続く >>

その秘密は、同じヤマハ契約プロの藤田寛之と同じくドライバーのシャフトを0.5インチ長くしたこと。現在は45インチを使っているが、「藤田君に負けないようにね、さらに0.5インチ長いのをテスト中」と谷口は言う。

ちなみに藤田は今年に入って44.75インチから46.25インチへと1.5インチ長尺にしたドライバーを使用中で、好調なゴルフを続けている。男子ゴルフ界で46インチ以上のシャフトを使うプロはほとんどいないが、藤田の影響でシャフトの長尺化はじわじわと浸透し始めているようだ。

明日の最終日は、谷口、藤田に平塚哲二を含めた3人が最終組。2度の「日本オープン」制覇を成し遂げている谷口だが、今大会は06年の3位タイが最高位。初の「日本プロ」タイトル獲得と、さらに今年の「つるやオープン」でプレーオフで敗れた藤田へのリベンジにモチベーションは高い。週頭に風邪を引いて寝込んだが、週末に向けては復調気味。「ベストじゃないけど、マイペースで頑張りますよ」と、42歳は微笑んだ。(編集部:今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!