ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ブリヂストンオープン会場で契約選手が笑顔の集合写真

10月20日(木)から開催される「ブリヂストンオープン」の会場となる、袖ヶ浦カントリークラブ袖ヶ浦コース内で、ブリヂストンスポーツの新製品発表会が行われた。紹介された商品はツアーステージ X-DRIVE(435)とツアーステージ NEW X-BLADE CBアイアンなど。既にこれらのクラブをツアーで使用している尾崎直道宮本勝昌宮里聖志の3人が出席し、クラブについてのコメントを発表。記者会見後にはトーナメントをサポートするツアーバン(クラブのメンテナンスなどを行う改造バス)の前で、ブリヂストン契約選手19名が記念撮影を行った。

新しいクラブを手にし記者発表に臨んだ尾崎直道は「435のドライバーは大きすぎるかと思ったが、使ってみたら違和感はない。アゲインストの風の時に吹け上がらないので強い球が出る。スウィートスポットが広がっているので、マチュアの方には安心感があって良いと思います。アイアンはソール形状のせいか振り抜き安い」。

ここ1ヵ月腰の調子が思わしくないという直道は、今週の試合を終えた段階で米シニアツアーのクオリファイに挑戦するか決める。今の状態ではファーストクオリファイの4日間、さらにファイナルの6日間の戦いに腰が持つかが不安だと言う。

今まで340立方センチメートルのドライバーを使用していた宮本は「今まで周囲に比べ小さめのヘッドを使ってきたが、違和感なく新しいクラブに持ち替えられた。でも、もう小さいヘッドには戻れませんけど(笑)。このクラブはサイドのスピンが少ないので、スライスが出にくい。ボールが上がりやすいので、アマチュアの方はロフトを1度立てても使いこなせるのでは?」とメーカーの広告塔としては100パーセントのコメントを残した。

また、飛距離が10ヤードは伸びたという宮里は「このクラブはスピンが少ないので、今まではドライバーで打ってラン(落下地点からボールが転がること)が出なかったが、このクラブだとランが出る分10~15ヤードは伸びるようになった。アイアンはキャビティの安心感があって、マッスルバックのような打感がある」と絶賛だった。

今週のブリヂストンオープンでは、彼ら契約選手がホストプレーヤーとして優勝できるのだろうか。ニュークラブの実力が実証されるか注目だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2005年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。