ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

アジアンツアーファイナルQTレポート(1)

2010/01/12 16:31

先週「ザ・ロイヤルトロフィ」が行われたタイ国内で、今週末にはアジアンツアーのファイナルQTが開催される。大会は13日(水)から16日(土)までの4日間72ホールで争われ、2日目に上位100位タイまでで予選カット。4日目を終えて上位40位タイまでの選手に、翌年のカテゴリー14*のシード権が与えられる。(*欧州ツアーとの共催競技以外はほぼ出場可能)数回に分けて、このファイナルQTの模様を皆さんにお伝えしたいと思う。

まず、ファイナルQTの会場についてだが、バンコクから南西に車で2~3時間ほど走ったホアヒンという町近くのスプリングフィールドヴィレッジG&Sと、パームヒルズGRの2会場が舞台となる。予選2日間はそれぞれのコースを18ホールずつラウンドし、決勝はスプリングフィールドのみを使うという。とはいえ、この前週に行われていたファーストステージは当初2会場の予定だったが、エントリーが多かった為に急遽3会場に変更されたというから、油断は出来ない。

<< 下に続く >>

バンコクからの移動はチャーターした車やタクシーで行う。タクシーの場合、料金は2000Bから4000B(6千円~1万2千円)。会社や代理店によって値段はまちまちなので、注意が必要だ。私の場合、ロイヤルトロフィのオフィシャルホテルから同会場に行くアジアンツアーのスタッフとJGTOの競技委員である小山俊一さんが手配したバンに同乗させてもらうことができ、快適な移動が出来た。

現地に到着した月曜日に、早速スプリングフィールドのコースを視察。小山さんの運転するカートに乗せてもらい、18ホールを回る。コースは比較的オーソドックスで、ラフはふかふかのティフトンながらあまり深くは無い。林間とまではいかないが、多くの木が植えられており、雰囲気は日本のコースに近く感じた。

既に会場にはティボックスや看板が設置されていた。さらに、後半のグリーン付近にはテレビ中継用の足場まで組まれている。ギャラリーの入場も可能で、日本のQTとは違ってQT自体が一つの大会と見なされているのが新鮮だ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!