ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太は10位スタート 砂川公佑が「62」で首位/男子最終QT

◇国内男子◇ファイナルQT 初日(5日)◇下関ゴールデンCC(山口)◇7015yd(パー72)

連続賞金シードが14季で止まった池田勇太が6バーディ、1ボギー「67」で回り、5アンダー10位で初日を終えた。

<< 下に続く >>

10アンダー首位に「62」をマークしたプロ3年目の25歳、砂川公佑が立った。2打差2位に田中元基。

ツアー7勝の武藤俊憲が6アンダー5位。2023年「日本オープン」ローアマチュアの岡田晃平(東北福祉大4年)、ツアー3勝の片岡大育が池田と同じ5アンダー10位。ツアー8勝の55歳、手嶋多一が4アンダー23位にいる。

本競技の結果で、来季ツアーのリランキング前の前半戦(今季実績は8月「フジサンケイクラシック」まで15試合)出場優先順位が決まる。1位にはシード権と賞金200万円が与えられる。ランク10位前後までなら、出場人数の少ない「中日クラウンズ」を除き、ほぼフル参戦できる見込み。

<上位成績>
1/-10/砂川公佑
2/-8/田中元基
3T/-7/柴田将弥、中山絹也
5T/-6/勝亦悠斗武藤俊憲、田中章太郎、篠優希、山脇健斗
10T/-5/池田勇太重永亜斗夢、杉本スティーブ、芦沢宗臣木下康平岡田晃平伴真太郎、長田真矩、安本大祐田村光正片岡大育貞方章男植木祥多



あなたにおすすめ


特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!