ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

エンジンはフェラーリ “エンターテイナー”蝉川泰果にガレス・ジョーンズが授けたモノ

◇国内男子◇日本オープンゴルフ選手権競技 最終日(23日)◇三甲GCジャパンコース(兵庫)◇7178yd(パー70)

蝉川泰果(東北福祉大)の朝は、パッティンググリーンで水平器を使って丁寧に自分の感覚と実際の傾斜のギャップを埋めていく作業から始まる。アマチュアとして95年ぶりの「日本オープン」制覇がかかった最終日もそうだった。

<< 下に続く >>

「日によって感じ方が違うので、そういった部分の調整ですね。朝のルーティンはナショナルチームで習ったことがほとんどです」。昨年末からナショナルチーム入りした蝉川は、ヘッドコーチを務めるガレス・ジョーンズ氏らの教えにより、指をかざしてグリーンの傾斜を読む“エイムポイント”を取り入れた。要所でクラッチパットを決めることができたのも、朝の準備の積み重ねがコースで的確にグリーン傾斜を把握することにつながったからだ。

最難関ホールの後半12番。セカンドをグリーン奥にこぼした蝉川は、一度バッグから抜いたパターを3Iに持ち替えた。コンパクトな振りから、ニアサイドのピンに向かって少しだけキャリーを出して寄せていくアプローチでパーセーブにつなげた。「あれは、完全にジョーンズさんに教えてもらった打ち方です。パターよりロフトがあるクラブの方が、ボールの出だしの傾斜を(キャリーで越えて)消して打てる。パターだと芝が引っかかって、3Iならしっかりした球が打てると思った」と説明した。

プレーを見守ったジョーンズ氏は、この日の朝に会話をして驚かされたことを明かす。「What’s your plan?(今日のプランを教えて)」「Shoot 8 under!(8アンダーを出します)」。6打差のトーナメントリーダーとしてはアグレッシブすぎる答え。プロセスを尋ねると、ひたすら攻めることしか考えていなかったという。9月「世界アマ」では個人戦首位で迎えた最終日に「彼自身がちょっと守りに入る戦略を選び、逆転を許して個人優勝を逃した」ことも影響しているというのがジョーンズ氏の見立てだ。

飛距離を武器に、アグレッシブな攻めでギャラリーを沸かせることができるのは間違いなく強み。ジョーンズ氏も「タイガはエンターテイナーだ。フェラーリのような馬力があり、(海外でもトップクラスの)125mph(55.88m/秒)というヘッドスピードを出せるパワーは天性のもの」と称賛した上で「コースマネジメントを磨き、時としてスマートに戦うことも覚えれば、さらに伸びていく」。粗削りなダイヤの原石は、無限の可能性を秘めている。(兵庫県三木市/亀山泰宏)

関連リンク

2022年 日本オープンゴルフ選手権競技



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!