ニュース

国内男子キヤノンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

近藤が劇的なイーグルを記録、2位タイに浮上

今週開催の「キヤノンオープン」では、633ヤードの16番パー5にイーグル賞が設けられていた。プロでも2オンは至難な距離の長さ。第2ラウンドを終えても達成者は現れなかったが、近藤共弘が最終ラウンドでイーグルを奪い、賞金100万円を獲得した。

「(2打目で)届かないから、どうやってイーグル獲るの? という感じだった」という近藤。ティショットをフェアウェイに運び、2打目をフェアウェイに刻む。残り96ヤードの3打目を直接カップに沈め、これしかないという形で劇的なイーグルをマーク。「嬉しいなあ」と満面の笑顔を見せた。

<< 下に続く >>

この終盤のイーグルで一気に順位を上げ、通算12アンダーの2位タイでホールアウト。「ここ2週間は体調も悪かったし、ゴルフの調子も悪かった。まだまだ不安要素はたくさんあるけど、良いボールも出てきたし、それだけでも良かった」と、今週で復調のきっかけを掴めたようだ。

来週は、国内メジャー戦「日本オープン」。「フェアウェイに行かないでしょ、というくらい狭い。良い形で入らないと、とんでもないことになる」と、9月に舞台である武蔵カントリークラブをプレーした印象を話す。難コースに挑むに当たり、ひとまず準備は整えられたといえるだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 キヤノンオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!