ニュース

国内男子ゴルフパートナー PRO-AMトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

大槻智春はプレーオフで勝ちきれず 4度目の惜敗に「疲れた」

2022/05/22 18:20


◇国内男子◇ゴルフパートナーPRO-AM トーナメント 最終日(22日)◇取手国際GC(茨城県)◇東コース6804yd(パー70)

「疲れましたね、疲れた」。長い1週間を終えて、ほかに言葉が出てこない。大槻智春が最終日最終組から優勝に届かなかったのは、これで4度目だった。

<< 下に続く >>

通算19アンダー単独首位で迎えた最終日は、自分のゴルフができれば勝てる試合だと思っていた。どの一打を振り返っても、悔やむプレーは「なかった」と言い切れるほど全力で戦ったのに、勝ちきれない。

後続の追い上げで毎ホール首位が入れ替わるなか、13番でバーディを奪って単独首位に返り咲いた。しかし、15番で2m弱のパーパットがカップに蹴られてボギー。残り3ホールで取り返せず、通算22アンダーで近藤智弘今平周吾と並んでプレーオフにもつれこんだ。

ティショットはフェアウェイを捉えたが、2打目がグリーン右手前のバンカーにつかまった。悔しさを見せることもなく淡々と歩きながら、勝ちきることの難しさが頭をよぎる。バンカーショットを2mにつけたが、カップの右を抜けて入らずボギー。1ホール目で敗退し、3年ぶりの優勝には届かなかった。

昨年大会でもショーン・ノリス(南アフリカ)、スコット・ビンセント(ジンバブエ)とのプレーオフで敗れた。昨季の2020年「ダンロップ・フェニックス」、21年「ANAオープン」でも首位で最終日を迎えながら勝ちきれず。「難しい…なにが足りないのか。わからないですね」と語る表情は、どこか気が抜けてしまったようだった。このまま、明日は海外メジャー「全米オープン」の最終予選に臨む。「本当に疲れました」と今はただ、むなしさをかみ締めた。(茨城県つくばみらい市/谷口愛純)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 ゴルフパートナー PRO-AMトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!