ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

ご機嫌モードの中嶋常幸「勝利の女神に期待するよ」

国内男子ツアー「ANAオープンゴルフトーナメント」に出場している中嶋常幸が、「三菱ダイヤモンドカップゴルフ」以来、今季2度目の最終日最終組に入った。大会初日から4位タイにつけ、ご機嫌モードで記者会見に現れた中嶋。3日間で11アンダーまでスコアを伸ばし、2位タイにつけている。

しかし首位の谷口徹とは5打差と大きく引き離された状態に「5打差だよ、もう勝手にしてって感じだよね。でも、明日も1打1打、目の前の一球に集中して精一杯プレーをするだけだね。あとは勝利の女神に期待するね」。

前日は悪い流れをパーセーブで食い止めた代わりに、バーディチャンスを逃したことでボギーを呼び込んでしまった中嶋。この日は2番で幸先の良いバーディを奪いながらも、5番パー5でティショットを木に当てる不運からか、その後12番までチャンスに恵まれなかった。

「5番の木はぎりぎりをストレートボールで狙うのがベストルート。30年前は問題なく超えたんだけど・・・。力が落ちたわけじゃないよ。30年も経つと木も高く成長しちゃうからね(笑)」。と周囲の笑いを取るほどのご機嫌モードはこの日も続いた。

初日から「この大会、そしてこのコースが好き」と話す中嶋だが、その理由については攻め方を熟知しているからだと言う。中嶋と同じく、シニア世代の室田淳は8アンダーの7位タイ、尾崎将司も予選を通過し2オーバーの54位タイで最終日を迎える。「ベテランが頑張れるコースだからこそ、気合いが入るんだよ」。最終日は大逆転の可能性を女神にゆだねるためにも、序盤からスコアを伸ばし谷口に肩を並べることを目指す。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!