ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

今季最難関パー3 唯一のバーディは人生初「ぎっくり腰」の上井邦裕

2021/12/03 16:59


◇国内男子◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 2日目(3日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

グリーンの右奥のエリアにカップが切られた2日目の最終18番は、2020-21年シーズンの最難関パー3になった。平均スコア「3.667」は、20年「フジサンケイクラシック」(富士桜CC)最終ラウンド7番の「3.522」を上回りワーストに。30人のうち18人がスコアを落としたホールで、この日唯一のバーディを奪ったのは上井邦裕だ。

<< 下に続く >>

「奇跡のバーディ」はグリーン周りからのアプローチで演出した。10ydのキャリーから、狙い通り5ydほど転がってチップイン。すり鉢状の観覧席を沸かせ、4バーディ、ボギーなしの「66」でまとめた。

ロースコアにも苦笑いする理由がある。午前9時40分のスタートを目指して起床した際、ぎっくり腰を発症した。薬の服用で痛みは落ち着いたが、患部の張りと重さを引きずったままティオフ。「しっかり振れない。(スイングのポイントを)意識して『真っすぐ行ってくれ』と願うだけ」。12番で下りの8mを沈めるなど、安定したパットを頼りにスコアメークした。

10月に39歳になった。「腰がこんなになったのは初めて。ぎっくり腰なんて考えたこともなかった」という。キャリアを通じて浮沈を繰り返し、シードを落とした一昨年末に予選会からカムバック。2021年7月「セガサミーカップ」の2位を含めて3回のトップ10入りを決め、9年ぶりに最終戦進出を果たした。

「若い選手が出てくるのは良いことだし、負けないようにと常に思っている。ケアなどはこれからちゃんとやらないといけないが、技術は昔よりはある。疲れが取れにくくなっているけれど、体力的には負けない」。老け込むつもりはない。ドラマチックな展開が期待される東京よみうりCCでも悲願の1勝をただ願う。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!