ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

43歳の谷原秀人、41歳の宮里優作「じじい2人が頑張ってます」

◇国内男子◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 2日目(3日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

谷原秀人が最終戦に出場するのは今年で13回目になる。11月にツアー15勝目を飾った43歳は5バーディ、2ボギーの「67」で回り、通算5アンダー3位で大会を折り返す。精鋭ながら30人と少人数での戦い。タイトルを見据え「一番チャンスでもあり、それが一番難しい」と目を光らせた。

<< 下に続く >>

前年大会では最終18番(パー3)でボギーを喫して首位から転がり落ち、2位で終えた。2016年に5位になったほか、2013年、2006年でも3位になっているが、「あんまりいい思い出はない。いい思い出にしたいなって思っている。去年は去年、今年は今年ですからね」と振り返ろうとするそぶりはない。

風は、穏やかだったこの日の前半はまだよかった。後半に入ると「真逆に来たり」と左右前後あらゆるところから吹き始め、「結構読みづらかった」と耐えるゴルフになった。ショットも思い通りとならず、「『クラブに当たってくれ』っていうレベル。きのうが“イマサン”で、きょうが“イマニ”になったので、明日がイマイチくらいになってくれないかなって」と状態を説明した。

トップを走る宮里優作は2歳下の41歳。コースも、技術面も経験豊富な熟練プロが上位につけての折り返しに谷原は「じじい2人が頑張ってます」と笑った。

「そこに外してはダメ」というポイントを意識して回っていることが2人の共通点。宮里は「戦略的に攻めないといけないですし、やみくもに打ってスコアメークできない。いかに残りのパットを意識して展開していかなきゃいけないのかが大事。ピンを狙わないっていうゴルフってなかなかできそうで、できないですけど」と堅実な態度を強調した。「ダテに9回も出ていないかな」と経験あっての首位ターンにおどける。

大会の最年長記録には1996年大会を制した尾崎将司の49歳10カ月がある。コースとの“押し引き”を熟知した2人が後輩たちをリードする。(東京都稲城市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!