ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

「最後にワナ」星野陸也はダボ締め 名物18番パー3で生まれた初日のバーディは

2021/12/02 17:47


◇国内男子◇ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日(2日)◇東京よみうりカントリークラブ(東京)◇7023yd(パー70)

優勝すれば逆転賞金王のチャンスがある星野陸也は、名物ホールで好発進をしそびれた。首位に1打差の4アンダーで迎えた最終18番(パー3)、グリーン左手前から2打目のアプローチはピンの右奥へ。そこから3パットさせて痛いダブルボギーフィニッシュを喫した。

<< 下に続く >>

3打目のファーストパットは、下りのラインを残すカップの上で止まった。直前のチップも同じようにグリーンの強烈な傾斜を警戒しすぎたのが原因。「いつもだともうちょっと行く(転がる)のに、止まってしまった。一番はアプローチが失敗。『手前でOK』とできなかった」。開幕前に降った大雨の影響もあってか、スピードを把握できないまま「がっついてしまった」と反省した。

「きょうはずっとショットの調子が良かったので、良いスコアで上がれると思っていたんですけど、最後にワナにはまってしまった」。平均スコア「4.4」で18ホールのうち最も易しかった17番(パー5)のパーも悔しい。「本当にもったいなかったので、あしたしっかり切り替えてやっていきたい」と2アンダー7位からの巻き返しを狙う。

出場30人のうち、この日18番でバーディを奪ったのは1アンダー9位の阿久津未来也岩田寛今平周吾、イーブンパー16位の堀川未来夢の4人。26歳の阿久津は「生涯で1個獲れるか獲れないか…」という難所でのバーディを喜んだ。ティイングエリアで向かい風を感じ、クラブを5Iから4UTにスイッチしたのも奏功。「エッジまで210yd。そこまで行ってくれと思って打った。(グリーンの)端かなと思ったら歓声が…」とボールはピンそば20㎝にピタリとついた。

50㎝につけるショットを見せたのは前週「カシオワールドオープン」で優勝した堀川。「ティショットを打ったときに結構ラインが出ていて、打感も良かった。ちょうどよい距離に行ってくれた。少しでも盛り上げられて良かった」と笑顔が絶えなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!