ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「起死回生」ホールインワンでシード維持に前進 木下裕太はスイーツ男子

2021/11/26 18:15


◇国内男子◇カシオワールドオープン 2日目(26日)◇Kochi黒潮CC(高知)◇7335yd(パー72)

「起死回生」の一打の瞬間は、強い西日のせいで見ることができなかった。「前半は良かったのに、後半に打ってしまって。(残り2ホール)ボギー、ボギーだと予選を落ちるかもしれない」。8番(パー3)、木下裕太の6Iでのティショットは襲ってきた緊張感を切り裂き、グリーン手前に切られたカップに転がり込んだ。

<< 下に続く >>

スコアをつけるボランティアスタッフの「入った!」の声で知った“奇跡”は、レギュラーツアーで初めて決めたホールインワン。過去に下部ツアーで1度達成したが、当時は最後の2ホールをエース、イーグルで締めながら予選落ちしたという。「何もなかった」という当時とは一転、「68」をマークして通算6アンダーの16位。週末にコマを進める後押しになった。

2018年「マイナビABCチャンピオンシップ」の優勝で得た2年シードの最終年。来季の賞金シード獲得ラインの65位が背中に迫る、ランキング63位で迎えた試合での価値のある決勝ラウンド進出といえる。トップ10入りが1回だけという苦しいシーズン。弱気になりがちでも「予選通過を、と考えるのではなく、攻める気持ちを強く持って、逃げずに。ちょっとだけ上を目指して」とトップ20入りを目標に置いている。

初優勝時から少し増えた体重は「甘いものが大好き」なのが原因。35歳はちょっぴりヤンチャな風貌にして、実は酒が飲めない“スイーツ男子”。「コンビニ大好き。ドン・キホーテの駄菓子も大好き」。9月の京都の試合では、目をつけていたカフェに男性キャディと足を運び「女性かカップルばかり」の空間で抹茶のデザートを堪能してきた。

2週前の「三井住友VISA太平洋マスターズ」では3日目を4位で終えながら、「76」をたたいた最終日に18位に沈み、ジャンプアップのチャンスを逃した。「あの時は“神頼み的”なショットを狙っていた。それはもうやめた。やるだけなんで、ビビらず行けたら」と地に足をつけて残り36ホールにかける。(高知県芸西村/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!