ニュース

国内男子マイナビABCチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

金谷拓実は不満の最終日 中島啓太のアジアアマ優勝に喜びも…

2021/11/08 07:45


◇国内男子◇マイナビABCチャンピオンシップ 最終日(7日)◇ABC GC(兵庫)◇7217yd(パー72)

3打差を追い8位から出た金谷拓実は終盤に伸ばしきれず、通算11アンダーの7位で終えた。終盤は組のプレーペースについて競技委員から注意を受ける一幕があり、「最後はバタバタしながら」とこぼす上がり3ホールとなった。

<< 下に続く >>

願いを込めた最終18番(パー5)。1Wショットはフェアウェイに落ちたが、右サイドの木に当たって戻ったものだった。205yd弱の距離が残った2打目、左足下がりのライからグリーン手前の池に落として万事休す。「イーグルを取らないといけなかった。ひどいショットだったので残念です」とボギーフィニッシュにため息をついた。

週末は前の組との間隔が詰まるホールが多く、優勝争いでも「ずっと待ちながらプレーしていた」と振り返る。ところが、後半16番(パー3)で組全体が突然ペースアップを促され、3選手が難しい2打目を強いられたホールを終えると、17番でいきなり競技委員から警告が入った。「仕方ないことですけど、もうちょっとなんか…。事情は分からないですけど。もうちょっと集中を…(したかった)。そういうのも慣れなのかもしれないけれど。次はもっといいプレーをしたいと思います」

前夜はアラブ首長国連邦で行われた「アジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権」の中継を観戦。「すごくハラハラ、ドキドキした」と中島啓太の優勝を喜び、さらに言葉を求められたが「うれしいことなんですけど、今はうれしくしゃべれない。すみません」と後味の悪さが残った。(兵庫県加東市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 マイナビABCチャンピオンシップ




特集SPECIAL

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!