ニュース

国内男子ISPS HANDA ガツーンと飛ばせの最新ゴルフニュースをお届け

中西直人が「ZOZO」で得たもの ポイントは「セカンドショット」

2021/10/28 07:10


◇国内男子◇ISPS HANDA ガツーンと飛ばせ 事前(27日)◇美浦ゴルフ倶楽部 (茨城)◇6988yd(パー71)

2年ぶりに日本で行われた前週「ZOZOチャンピオンシップ」に出場した中西直人は「必要とされるショットが打てたのがすごく楽しかった」と目を輝かせた。今大会を主催する国際スポーツ振興協会(ISPS)と契約を結んでホストプロとなる33歳は前週の収穫を熱く語った。

<< 下に続く >>

「ZOZO-」の大会前の練習ラウンドでは海外メジャー2勝のコリン・モリカワとプレーをする機会が巡ってきたが「得るものだらけだった」という。

一番に痛感した差は「セカンドショットのレベル」。長いミドルホールが組み込まれていた前週はロングホール以外で握る機会が少ない4、5番アイアンの出番が多かった。

長くなればなるほどショットの精度を保つのは難しくなるが、「ライン出しをしようとしたらボールが止まらないから、(高さを出そうと)フルスイングしちゃう。でも彼らはライン出しショットで球が止まるんです」

大会3日目に同組でプレーした米ツアー4勝ザンダー・シャウフェレと回った際には、こっそりクラブの長さやロフトを確認。「いきなりクラブを替えるのは無理だけど、ここのスピードが速かったから真似てみよう」と試行錯誤したと言い、最終日に「63」をマークして28位に終わった。

「狙わないとバーディは獲れないセッティングで、ロングアイアンでどんどんスコアを伸ばせたのは自信になった。その自信のまま今週出来るのは楽しみです」

200ydを超えるパー3や500yd以上のパー4が組み込まれる今大会では「距離が全体的に長い」とあって、身につけた武器を活かせるチャンスとなる。「成績はどうなるか分からないけど、去年から課題にしてきたショートゲームも最近良くなっているので(ロングアイアンが)駄目だったら耐えて、ひたすらやり続けようと思います」と意気込んだ。(茨城県美浦村/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ISPS HANDA ガツーンと飛ばせ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!