ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

じつは料理男子 ディフェンディングチャンピオンは“炊飯器”持参で参戦

2021/09/15 15:37


◇国内男子◇ANAオープンゴルフトーナメント 事前(15日)◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース (北海道)◇7063yd(パー72)

2年待たされたディフェンディング大会。前回覇者の浅地洋佑は「うれしいです。ディフェンディング大会は今年2回目だけど、前回(ダイヤモンドカップ)はコースが違った。今回は同じコースで良いイメージも残っているし、気合いが入りますね」と爽やかな青空の下で、意気込んだ。

<< 下に続く >>

コースは同じでも、選手本人は変わっている。「1年前くらいからドローボールを頻繁に使っている」という浅地は、「いままで見ていないところを見て打つので、コースが狭く感じる」という。それでも、いままで得意ではなかったという番手間の距離は「短い番手でドローを打ったりして、合わせられるようになってきた」というメリットもある。フェードとドローを織り交ぜながら林間コースを縫っていく。

北海道といえば、新鮮な食の宝庫。とはいえ、このコロナ禍では外食もままならない。「最近はスーパーによく行くんです」というディフェンディングチャンピオンは、「刺身を買うのが楽しみです」と庶民的だ。

聞けば、今年5月頃から大会に炊飯器を持参して、朝昼兼用のおにぎりを毎朝自分で握るのが日課だという。「夏場はふりかけや混ぜご飯にすることが多かったけど、そろそろ明太子とか入れたいです」と、秋の気配はおにぎりの具にも現れている。

夜も部屋でYouTubeを観たりしながらの孤食が多いという。「お米を炊くくらいだけど、もともと料理は好きだから意外と楽しいです。昔から一人っ子だし、(母子家庭で親が)家にいなかったから自分でやっていました」と手慣れたもの。得意料理は「餃子です」と即答した。

前回の優勝からちょうど2年。「そろそろ勝ちたい」とうなずいた。「この試合はスコアが団子になるイメージがあるので、あまりボギーを打たないように。しっかり拾って、獲れるところで獲りたいです」という戦略で、今年も輪厚を料理する。(北海道北広島市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!