ニュース

国内男子長嶋茂雄招待セガサミーカップの最新ゴルフニュースをお届け

テレビで観た「東京五輪」 石川遼が感じたゴルフへの熱

2021/08/18 17:25


◇国内男子◇長嶋茂雄招待セガサミーカップ 事前(18日)◇ザ・ノースカントリー(北海道)◇7178yd(パー72)

6月末の「日本プロゴルフ選手権」出場後、約1カ月半のオフの大半を石川遼はトレーニングに費やした。春先からたくましさが増した体に磨きをかけ、継続中のスイング改造にも集中。未勝利ながら賞金ランキングは9位で迎えるシーズン後半戦に向け、ひとりの視聴者としてテレビ観戦した「東京五輪」からも一流アスリートの熱を十分に受け取った。

<< 下に続く >>

「いっぱいありすぎて、感動して涙が出たこともあった」というメダルラッシュの2週間。なかでもサーフィン男子で銀メダルを獲得した、五十嵐カノアの360度回転する大技には目を見張ったそう。「衝撃を受けました。ほんとに、いちスポーツファンとしてすごく楽しかったし、オリンピックってこんなにすごいんだなと正直思いました」

ランキングにより自身は補欠選手のまま五輪出場はかなわなかったが、ゴルフが正式種目であることの意義は大きいとみた。「ネットでもテレビでも中継が観られて、SNS上で選手を応援したり(情報を)シェアできたりした。視聴者の絶対数が普段のゴルフ(ツアー大会時)の数とは比べものにならないと肌で感じた」と、話題の世間的な広がりを実感した。

日本代表は男子で松山英樹が銅メダルを争うプレーオフを戦い、女子は稲見萌寧が日本ゴルフに初のメダル(銀)をもたらした。母国開催の重圧を背負うなかでのプレーに「すごすぎる」と石川は語る。

「ゴルフは他の競技にないくらい、トップ選手も勝てないことが毎週のように起きている。限られた一週でメダルを取るのは難しい」と想像していたからこそ、一発勝負で期待通りの力を発揮したことにリスペクトの思いが募る。「ザンダー(シャウフェレ/金メダル)がああいう活躍をして、英樹も(ロリー)マキロイも(上位に)来た。期待の何倍も盛り上がった」

前回の「リオデジャネイロ五輪」で112年ぶりに復活したゴルフは、2024年の「パリ五輪」も正式種目として継続される。「水泳も男女混合でリレーが(新種目で)あった。素人からすると面白かった。ゴルフも個人戦と、あと別の何かがあっても面白いのかなと思いました」と普段のツアー大会と同じストローク個人戦以外の競技スタイルも期待した。(北海道千歳市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 長嶋茂雄招待セガサミーカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!