ニュース

国内男子日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

片山、谷原、青木会長にも 小声の小斉平優和は大先輩に愛される

2021/06/03 19:05


◇国内メジャー◇日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills 初日(3日)◇宍戸ヒルズカントリークラブ(茨城県)◇7387yd(パー71)

最終18番、小斉平優和はグリーンサイドでプレーを見守る日本ゴルフツアー機構の青木功会長に気付いた。バーディパットが2mほどオーバーし、「青木さんの姿が見えて緊張しました」と苦笑い。それでも返しをねじ込み、ボギーなしの3バーディ「68」で3アンダー6位と好発進した。

<< 下に続く >>

開幕前日、練習グリーンで青木会長から声をかけられた。右手が強すぎることを指摘され、左手への意識を高めてストロークが滑らかになった。「3、4mのパットが、そのおかげで入りました」とレジェンドに感謝した。

2019年に続いて2回目の出場となる今大会に向け、連日先輩プロに頼んで練習ラウンドを一緒に回ってもらった。1日(火)は歴代覇者でもある片山晋呉、2日(水)は谷原秀人とコースをチェックした。

「なるべく(一人ではなく)先輩と回るようにしています。勉強したいことがたくさんあるので」。懐に飛び込む度胸のわりに小さい声をいじられながら、貪欲に吸収した。片山の準備を食い入るように見つめ、「試合を想定して、ミスしたらここに来るというのを分かっていらっしゃる。それをマネしたり」

2年前は105位で予選落ちと跳ね返された舞台。マネジメント面を含めた成長を証明した23歳は「ずっと優勝しか狙っていない。自分の中で、やるべきことをやったら勝てるかなという手応えはあります」。相変わらず控えめな声のボリュームとは裏腹に、たっぷりと決意を込めた。(茨城県笠間市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 日本ツアー選手権 森ビル杯 Shishido Hills




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!