ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープンの最新ゴルフニュースをお届け

110ydを5Iで 小斉平優和を鍛えたバハマの強風

2021/05/29 19:15


◇国内男子◇~全英への道~ミズノオープン 3日目(29日)◇JFE瀬戸内海ゴルフ倶楽部(岡山)◇7349yd(パー72)

小斉平優和がプレーした午前組はスタートこそ穏やかなコンディションだったが、後半に入るころには海からの強風がリンクスコースに吹き付けていた。それでも「これくらいなら、心地いいくらいです」とニッコリ。7バーディ、2ボギー「67」で首位と5打差の通算8アンダー5位に浮上した。

<< 下に続く >>

風が強くなった後半の5バーディは、2オンに成功した2つのパー5とショートアイアンをチャンスに絡めたもの。15番では残り120ydを54度のウェッジで1m、16番(パー3)は8Iで2mにつけて連続バーディとした。

昨年は日米を往復し、帰国のたびに自主隔離を繰り返しながら米下部コーンフェリーツアーでも戦った。19試合で予選落ち13試合という結果を「メッチャ飛ぶ選手でも、ほかのこともうまいからスコアが出る。(思った以上に)レベルが高かった。実力不足でした」と受け止めるが、経験は確実に血肉となっている。

昨年1月、シーズン開幕の舞台となったバハマでは猛烈な風の中をプレーした。「アゲンストだったら110ydを5Iで打ったり、フォローだったらドライバーで400yd飛んだり。こんなものじゃありませんでした」

コロナ禍が続く中、米国では3月末に出た1試合を最後に当面は日本ツアーに専念。「今年中に(日本で)一回勝って、またいろんなチャレンジをしたい。ヨーロッパにも、チャンスがあれば行ってみたい」と、前のめりな姿勢は変わらない。

上位2人には7月の海外メジャー「全英オープン」(イングランド・ロイヤルセントジョージズGC)切符が与えられる。海外志向にあふれる23歳にとって、もちろんこの上ない“ニンジン”だ。(岡山県笠岡市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ~全英への道~ミズノオープン




特集SPECIAL

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!