ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフきょうは何の日<12月28日>

2011年 杉原輝雄氏が74歳で死去

国内ツアー28勝の杉原輝雄氏が前立腺がんのため、大阪府茨木市内の自宅で逝去した。74歳だった。

1957年にプロ入りし、1962年のナショナルオープンで初優勝をマークした。1973年のツアー制施行後に通算28勝を挙げ、永久シード選手となった。海外やシニアを含めると通算63勝。病気が発覚した1997年末以降も、プレーに影響を及ぼす手術は受けないまま“生涯現役”を貫いた。

<< 下に続く >>

2006年「つるやオープン」で68歳10カ月7日の史上最年長予選通過記録を樹立。2010年には「中日クラウンズ」で、同一大会51年連続出場という当時の世界記録を打ち立てた

2012年2月に行われた「お別れ会」では、選手会の会長を務めていた倉本昌弘が弔辞で「杉原さんの偉業のひとつはその“目力”にあります。鋭いまなざしには不屈の精神力と勝負に対するこだわりがみなぎっており、どんなに大きな外国人選手をも、たじろがせる迫力がありました。しかしニコッと笑った瞬間に、少年のような澄んだまなざしに変わり周囲を魅了しました」としのんだ。

2014年に日本プロゴルフ殿堂に選出された。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!