ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

ゴルフきょうは何の日<12月6日>

2009年 丸山茂樹が10年ぶりV 石川遼は史上最年少賞金王

丸山茂樹が国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」(東京よみうりCC)で10年ぶり10勝目を挙げた。金庚泰(韓国)との4ホールに渡るプレーオフを制した。

通算3アンダー4位からスタートすると、前半に3ストローク伸ばした。後半15番からは3連続バーディを奪い、通算9アンダーでホールアウト。通算7アンダー単独首位でスタートした金は前半こそスコアを伸ばせなかったが、16番から2連続バーディを奪って丸山に追いついた。

<< 下に続く >>

丸山と金のプレーオフは18番パー3で行われ、4ホール目に決着。ティショットはともに右サイドのラフへ打ち込んだが、丸山はパーをセーブし、金は寄せきれずにパーパットを外した。

グリーンサイドでの優勝インタビューでは、「ツアーで18年、ジュニアのときから30年ずっとゴルフをやってきて、優勝して泣いたのは初めてです」と涙を流した。

米男子ツアーに主戦場を移したのが2000年。01年から3年連続で勝利したが、04年以降は未勝利。さらに前年シーズンは賞金ランク189位に終わりシード権を喪失していた。09年は10年ぶりの国内ツアー復帰を決断したが、ある意味、失意の中での国内ツアー参戦だった。

石川遼は「66」でプレーし、通算3オーバー19位。シーズン4勝を挙げた18歳が賞金王に輝いた。尾崎将司が1973年に記録した26歳での最年少賞金王記録を36年ぶりに更新した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!