ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

大会初「QT資格で優勝」へ 石坂友宏が目指す男子版“シンデレラストーリー”

2020/11/21 18:14


◇国内男子◇ダンロップフェニックストーナメント 3日目(21日)◇フェニックスカントリークラブ(宮崎)◇7042yd(パー71)

単独首位からスタートした石坂友宏は、終盤にスコアを落としながらも、7バーディ、2ボギー1ダブルボギーの3アンダー「68」。通算12アンダーとして、大槻智春と共に首位に並んだ。あすは自身初の最終日最終組から、プロ転向3戦目での初優勝を目指す。

<< 下に続く >>

金谷拓実の一学年下だが、立場は同じ大学生プロ。「スタートからめちゃくちゃ緊張していました」という3日目だったが、ポーカーフェイスといえるだろう。緊張は外見からは感じさせなかった。

前半2番、4番(パー5)とバーディを先行させて、5番のチップインバーディで早くも3つ目。6番(パー3)で今大会初のボギーを叩いたが、すぐに7番(パー5)、8番の連続バーディでバウンスバック。13番はグリーン脇からY字になった松の幹の間を抜いて1mにつけてバーディを奪い、同組の金谷拓実ガン・チャルングン(タイ)を「なにをやってもうまくいくね」と唸らせた。

だが、上がり2ホールに学びの種が落ちていた。17番(パー3)は「攻めながら守るつもりだった」というティショットをグリーン左に外して、2クッションを狙ったアプローチもキャリーが足りずにダブルボギー。最終18番も2mのバーディパットを決めきれなかった。「17番はボギーでは上がれたと思うし、最後のパットは読み過ぎた」。その1打か2打が、最終日にどう響いてくるか…。

自身初の最終日最終組。「あすも緊張すると思うけど、緊張感の中で楽しみたい」という21歳。残り18ホールにはいくつかの記録も掛かっている。プロ転向3戦目での初優勝は2戦目の松山英樹に次いで日本人2番目。今大会に限れば、2014年大会を22歳で制した松山を超えて日本人最年少優勝となる。さらに、今大会にQT資格から出場して優勝した例は過去にない。男子版シンデレラストーリーの完結に注目だ。(宮崎市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!