ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

男子ツアーでチャーター機移動を実施 11月連戦に羽田―宮崎便

2020/10/27 15:10


11月12日(木)開幕の国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」(静岡・太平洋クラブ御殿場コース)から、翌週の「ダンロップフェニックス」(宮崎・フェニックスCC)への選手・関係者の移動について、チャーター機が準備されることになった。新型コロナウイルス感染へのリスク軽減が目的。男子ツアーのメンバーで構成されるジャパンゴルフツアー選手会が27日、オンラインでの会見で明らかにした。

全日空の協力によるチャーター便は「三井住友―」終了後の16日(月)、羽田空港発―宮崎空港着のフライト。選手会事務局長の池田勇太がANAとスポンサー契約を結ぶことなどからサポートを取り付けた。選手・関係者ら250人分の往路便、「ダンロップ―」明けの23日(月)には、同週に関東近郊で予定している新規イベントに向けた復路便(150人分)を手配。運賃は搭乗者個人が負担、片道2万5000円(税別)前後を予定している。

<< 下に続く >>

男子ツアーは9月の再開後、この2大会で初めて連戦を迎える。「三井住友―」でのPCR検査で陰性を証明された個人だけが搭乗し、対象者は「ダンロップ―」会場で検査を実施しない。池田は「宮崎で検査機関への(検体の)輸送などを考えると、(検査結果判明が)試合に間に合わない可能性が高いことを踏まえた処置」と説明した。

コロナ禍の国内スポーツで、チャーター機を利用するのはここまでで異例。「2021年もどうなるか分からないが、前例を1つ作れれば、いずれ対応できることもあるかもしれない」(池田)と、今後を見据えたテストの意味合いもある。

また、選手会は9月以降、下部ツアーを含めた大会開催地に対して計270万円の寄付を行ったこと、10月に時松隆光会長が東日本大震災被災3県への車両寄贈を行ったことも報告した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!