ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は好感触で決勝へ「全体的にクオリティは良かった」

2020/10/16 17:15


◇国内男子◇日本オープンゴルフ選手権競技 2日目(16日)◇紫CCすみれコース(千葉)◇7317yd(パー70)

3オーバー63位から出た石川遼は5バーディ、2ボギーの「67」で回り、通算イーブンパー13位につけた。「最初にバーディを先行できて、昨日より全体的にクオリティは良かった」と胸をなでおろした。

<< 下に続く >>

「前半はなかなかミドルパットが決まらなかった」と前半11番で2mのバーディパットを外し、15番でも3mを外すなど波に乗れずにいた。しかし、16番で残り100ydの2打目を6mにつけてバーディを奪取。「100ydから6mにしか寄せられずがっかりしたけど、決まってこんなこともあるのか」と一息ついた。

第1ラウンドでは秋雨で濡れたグリーンに「想定内ではあったけど、一つぐらいミドルパットが入ってもいいだろうという感じ」と我慢する展開が続いていた。それに対して、この日は「読みにくいグリーンとは思わないけど、ダブルブレイク(S字ライン)が多かった。同じ距離でもスライスラインとかと比べて入る確率が下がる。そこが深くというか、いい意味で細かく読めた」とスコアを伸ばせた要因を挙げた。

さらに今夏から取り組み続けている「140yd以内」も手ごたえがあった。最終9番では残り130ydの2打目を4m弱に寄せてバーディ。「セカンドショットを140yd以内に収められれば、ウェッジを使って2回で上がる練習をしてきているのでハマった。なかなか試合中にウェッジを使う回数は少ないけど、記憶に残るショットが打てて自分のメモリにとどめておくことができた」と納得のいくプレーにうなずいた。

あすはスコアが大きく動き、順位が変動する傾向の強いムービングデー。雨予報でさらなる難セッティングになることが予想されるが、「難しければ難しいほどスコアも順位も動く。自分としては大歓迎ですね。どんどん難しくなってほしい」と気合を入れた。(千葉県野田市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!