ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

新選手会長に時松隆光 石川遼が新設ポストでバックアップ

国内男子ツアーのメンバーで構成されるジャパンゴルフツアー選手会は23日、都内で理事会を開き、ツアー3勝の時松隆光を選手会長に選出した。近年を振り返れば、池田勇太宮里優作、そして石川遼とツアーの“顔”が背負ってきた肩書きを引き継ぐ26歳は、「こんな大事な仕事を任せていただいた。みんなで一丸になって、ファン、ゴルフ界に携わる皆さんが良かったねと言える1年にしたい」と所信表明した。

石川が選出の背景を説明する。「次の世代を考えたとき、選手会長自体はどんどん変わっていってもいいんじゃないかと。ただ、(選手会として)変わっちゃいけない方向性がある。それを共有できる理事会にしていきたい」。これまで年始の理事会は、まず選手会長を決め、その新選手会長が議長となって会議を進めてきた。

今回は先に選手会の方向性について議論を深め、終盤にトップを決める形をとった。何人かの名前が出た中、「ゴルフもうまいし、最近は(テレビ番組での)露出もね(笑)。落ち着いていて、謙虚で、周りが見える。一番信頼できる後輩。源蔵(時松の本名)を挙げている人が、圧倒的に多かった。みんなの意見を吸い上げて、みんなで同じ方向に進んでいくための源蔵かなって」と振り返る。

まさに“ワンチーム”だ。理事になったのも初めての時松だが、会長経験のある石川や池田に小鯛竜也を加えた3人が新たに副会長に就任。「オレたち3人を中心に、全力でフォローしていくから」と池田も背中を押した。選手会長ともなれば、都内で行われる会議などに顔を出す機会も多くなる。福岡に拠点を構える時松に配慮し、代理での出席などカバーを約束した石川は、自ら新設の「PR担当」として、これまで以上に男子ゴルフ界の盛り上げに思考を巡らせていく。

「マジで何も変わる必要はないから。ありのままでいいんだよ」と石川。理事会後の言葉に大きくうなずいた時松は「石川会長もそうでしたけど、いかにファンの方々を大事にするか。微力ながら、僕なりに(男子ゴルフ界を)アピールしていければ」と表情を引き締めた。(編集部・亀山泰宏)

<2020年度ジャパンゴルフツアー選手会理事・監事>
会長/時松隆光
副会長/石川遼池田勇太小鯛竜也
理事/宮本勝昌小田孔明深堀圭一郎宮里優作市原弘大竹谷佳孝重永亜斗夢中西直人今平周吾堀川未来夢星野陸也ブレンダン・ジョーンズスンス・ハン
監事/佐藤信人

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。