ニュース

国内男子SMBCシンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 SMBCシンガポールオープン
期間:01/16〜01/19 場所:セントーサGC(シンガポール)

“ハイヤー・ミヤザト”から再出発 宮里優作はリフレッシュ中心のオフ

2020/01/16 07:40


◇国内男子&アジアンツアー◇SMBCシンガポールオープン 事前(15日)◇セントーサGC(シンガポール)◇7397yd(パー71)

年末年始は家族で、ハワイで過ごした。商売道具は持って行かなかった。クラブがあるとゴルフが気になって仕方がない。「だから、あえて」と宮里優作。オフは昨年溜まったフラストレーションを吐き出す時間に充てた。

<< 下に続く >>

欧州ツアーのシードを失った昨シーズン、日本ツアーに復帰してからも「モヤモヤしたまま終わってしまった」という。ショットに、スイングに悩み、「頭でっかちになっていた。長年の経験で、(今は)あまりやらないほうがイイだろうと思って」とクラブを“手放し”、トレーニングで汗を流した。「12月18日くらいからゴルフはしなかった」。新年の打ちはじめは9日だった。

リフレッシュ中の産物といえば、しばらく疎かになっていた家族サービスができたこと。子供たちの送り迎えを繰り返し「運転手をしてました。ハイヤー・ミヤザトです」と笑った。「でも良い時間だった。去年はとくに家にいなかったので」。海外でプレーしたいという熱はまだ冷めていない。2月にはアジアンツアーの予選会を受ける予定でいる。

新シーズンの開幕戦はシンガポール。2年ぶりの出場となる。「今週はスイングにこだわらず、感覚で行こうかなと思う。ショートゲーム中心に、自分の感覚を信じてやりたい」と、自分のペースで滑り出す。(シンガポール/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 SMBCシンガポールオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!