ニュース

国内男子Hitachi 3Tours Championshipの最新ゴルフニュースをお届け

渋野日向子と石川遼が同組対決 前売り券は前年比150%

2019/12/14 19:43

◇国内ツアー対抗戦◇Hitachi 3Tours Championship 事前(14日)◇グリッサンドゴルフクラブ(千葉県)◇3633yd(JGTO)、3380yd(PGA)、3113yd(LPGA)=9ホール◇パー37

ひとつのボールを交互に打つフォアサム形式の第2ステージ。JGTOチームの賞金王・今平周吾石川遼、LPGAチームの賞金女王・鈴木愛渋野日向子が同組になる。組み合わせ発表前の前売り券の売れ行きは前年比150%。ファンの期待をさらに高めた形だ。

前年優勝のPGAチーム・倉本昌弘谷口徹を交える組に石川は「夢のようなラウンドになると思う。こういう大会じゃないと渋野選手や鈴木選手とは回れない。ファンの方には申し訳ないけど、僕と周吾がそこに入れてもらって」と謙遜しながらいう。

11月のテレビマッチで初対面した石川とのプレーに渋野も「(石川と今平との同組は)めっちゃテンション上がりますよ。倉本さんも谷口さんもいる。そっち(男子選手)のプレーに目がいっちゃいそうだけど、ちゃんと切り替えて頑張ります」と力を込める。

JGTOチームは9ホールでLPGAチームより520yd、PGAチームより253yd長いセッティングに加え、各ホールのスコアに関係なく、第1打を最初に放つ。グリーンスピードも普段のツアー競技よりも遅い。

年末恒例のチャリティマッチだが、この日全選手を集めて行われたルール説明会ではパク・サンヒョンハン・ジュンゴン(ともに韓国)らが熱心に疑問をぶつけていた。石川は「年々ガチ度が増している感じがする。僕も含めて、みんな負けず嫌いなんで。華やかさは勝てないし、熟練の技もない。ガッツを見せたいですね」と前年最下位からのリベンジを誓う。

一方の渋野は、賞金女王を最終戦まで争った先輩・鈴木と風向きなどを踏まえ戦略を練り、奇数ホールのティショットを担当する。「アプローチは愛さんの方が寄るので、『寄りません、お願いします』とか言って(笑)。私が(パー5の)セカンドをぶん回します」と話した。「やっぱり勝負の世界なのでガチで勝ちに行きたい」とLPGAチームを4年ぶりの優勝に導く。

<組み合わせ>
第1ステージのフォアボール(それぞれのボールでプレーして良い方のスコアを記録)
第1組:石川遼チャン・キム(JGTO)、申ジエ穴井詩(LPGA)、タワン・ウィラチャンプラヤド・マークセン(PGA)
第2組:ハン・ジュンゴンパク・サンヒョン(JGTO)、上田桃子小祝さくら(LPGA)、秋葉真一倉本昌弘(PGA)
第3組:今平周吾堀川未来夢(JGTO)、鈴木愛渋野日向子(LPGA)、谷口徹グレゴリー・マイヤー(PGA)

第2ステージのフォアサム(ひとつのボールを交互に打ち合う)
第1組:ハン・ジュンゴンパク・サンヒョン(JGTO)、申ジエ穴井詩(LPGA)、タワン・ウィラチャンプラヤド・マークセン(PGA)
第2組:チャン・キム堀川未来夢(JGTO)、上田桃子小祝さくら(LPGA)、秋葉真一グレゴリー・マイヤー(PGA)
第3組:今平周吾石川遼(JGTO)、鈴木愛渋野日向子(LPGA)、谷口徹倉本昌弘(PGA)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 Hitachi 3Tours Championship




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!