ニュース

国内男子つるやオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

遼、伸ばせず42位タイ「今まで以上に予選を突破したくなった」

2008/04/27 18:37


国内男子ツアー第2戦「つるやオープン」最終日を迎えた石川遼。インスタートの第1組というスタートにもかかわらず、石川がスタートする8時10分には既にティグラウンドに大勢のギャラリーが詰め掛け、人気の高さを伺わせた。

スタートホールの10番でバーディを奪った石川は、その勢いで11番パー3に向かうが、ティショットをグリーン右に外してしまう。「朝から良いスイングが出来ていなかった」という石川は、このホールはなんとかパーで切り抜けたものの、続く12番でもティショットを引っ掛けて左のラフに入れてしまう。

グリーンと球との間には、林がせり出していたが、「9Iで高い球を打とう」とした石川は、トップして林に打ち込みOBとしてしまう。打ち直しは再び9Iで花道まで運んだが、奥3mから2パットして、結局トリプルボギー。「ティショットで2回続けて悪いスイングをしてしまったので、そのお仕置きだと思いました」と、振り返った。

父・勝美氏は、「ティショットを刻む手もあったのでは」と言うが、石川は「頭の中にはあったけど、練習ラウンドで刻んだこともないし、今の僕には必要ない。あのフェアウェイの幅にドライバーを打つ技術がないと、他のクラブでもフェアウェイに置けない」と、きっぱりと言い切った。

その後も、ミスを引きずることなく理想のスイングに集中する石川。「スタート後の2ホールで悪いスイングが出ると、ずるずる行ってしまうのが自分だけど、6ホールで止められた」と、後半は立ち直りパープレイを続けた。結局この日は2バーディ1ボギー1トリプルボギーの「73」で回って通算3オーバー。42位タイで2戦目を終えた。

大会期間中は、初日・2日目はタイトリスト、3日目はスリクソン、最終日はブリヂストンと各社のボールを実戦投入し、「本気でプレーしている時に試すのはすごく良い」と、今後に向けての収穫もあった。「毎試合、予選を突破したいという僕の考えが間違っていないと思いました。この試合で、今まで以上に予選を突破したい気持ちが強くなりました」という石川。次週の「中日クラウンズ」にも参戦予定で、まだまだ石川フィーバーは続きそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 つるやオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。