ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

欧州再挑戦の情熱を胸に 宮里優作が首位タイ発進

2019/11/14 18:25


◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 初日(14日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262 yd(パー70)

宮里優作の情熱は消えない。昨年5月のぎっくり腰発症からスイングを崩した影響を引きずり、今季欧州ツアーのシード確保はならなかった。3月から8月にかけては10試合連続で予選を通れず「うまくいかないことばかりで、つらかった。(ティショットは)半分、イップスみたいな感じになって、なかなか思うように振れなくて。スイングも変えて、クラブも替えて、迷宮入りしてました」。努めて明るい口調で振り返るが、悔しさはにじむ。

来年2月のアジアンツアーのQスクール(タイ)挑戦を視野に入れる。欧州ツアーとの共催競技も多く、賞金ランキングで上位に食い込めば道は開けるとにらむ。「向こうでうまくいってこそ、(自分の中で)成功したという感じがある。どうにかもう一回しがみついて、いろんなルートからヨーロッパに挑戦したい」。

今シーズンだけで22の国と地域でプレーした。「コースも素晴らしいし、選手のレベルもすごい。何より課題がすごく見つかる。『これはダメ』『これはいい』というのが、本当にはっきり出る。どうしても日本にいると、ぼやけてしまうところがあって。自分に何が必要か、はっきり見えてくる」と力説し、再び海を渡る算段を整えようとしている。

国内初戦となった前週「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」では決勝ラウンドに進めなかった。時差ボケが抜けず、ヘッドスピードも今週に比べて2m/sほど落ちていたという。今週は体調が整ったことに加え、高速グリーン対策もはまって5アンダー首位タイ発進となった。前日までロフト4度と6度のパターを入念に打ち比べ、ロフト角が大きく転がりにくいものをチョイス。スタートの10番から7mのバーディパットを沈めるなど前半だけで5バーディを量産した。アマチュア時代から優勝争いを演じてきたコースで、苦しんだ1年が確かな血肉となっていることを証明する。(静岡県御殿場市/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。