ニュース

国内男子三井住友VISA太平洋マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

ウッズの“復活3勝”を支えたシャフト 「D-LIMITED」が日本でお披露目

◇国内男子◇三井住友VISA太平洋マスターズ 事前情報(13日)◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262yd(パー70)

さかのぼること1年2カ月前。タイガー・ウッズは2018年9月の「ツアー選手権」で5シーズンぶりの復活勝利を飾った。ことしに入って「マスターズ」、そして先月日本での「ZOZOチャンピオンシップ」も優勝。その3大会で1Wに挿していたのが、三菱ケミカル製の注目シャフトだ。

米国で「ディアマナD+」として展開されていた同モデルは、かつてウッズが長く愛用していた“白マナ”の系譜を踏んだもの。今週の国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の会場で、新たに「D-LIMITED」としてベールを脱いだ。

手元調子で左へのミスを軽減させるのが特長。ダイアリードという高弾性素材(ピッチ系炭素繊維)をバットに近い部分に搭載したことで、シャフトがつぶれる変形を抑えている。パワーヒッターが安心して振り切れるシャフトだ。

世界ランキング1位のブルックス・ケプカも「D+」から使用しており、今回の「D-LIMITED」は今後のグローバル展開に備え、重量やバリエーションを見直したもの。国内のツアー会場ではさっそく複数のプロがテストに勤しんだ。

前年王者の額賀辰徳は「(同社の)“テンセイ”より、全体的に緩やかにしなってくれる。打ち出しが高くなってスピン量が減ってくる。それでも結構フェースに“くっつき感”があって、ドローボールが打てるっていうのが、一番の決め手ですね」と好感触を口にした。

現段階で一般発売は未定。リリースされれば大きな話題になりそうだ。(静岡県御殿場市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 三井住友VISA太平洋マスターズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。