ニュース

国内男子三菱ダイヤモンドカップゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、4試合連続の予選落ちに「気持ちの弱さを学んだ」

2008/05/30 19:54


「三菱ダイヤモンドカップゴルフ」2日目を、4オーバーの88位タイで迎えた石川遼。予選カットラインは60位タイ、スコアを伸ばす必要に迫られるラウンドだったが、前半はティショットの乱れが目立ち、1バーディ、3ボギー、1ダブルボギー。通算8オーバーと4ストローク落とし、後半へと折り返した。前日、「結果は考えずに思い切りよくスイングする」ことを誓った石川だったが、「前半は、まだフェアウェイに置きたい気持ちが残っていた。それが微妙にスイングを狂わせたのだと思います」と、不調の原因を指摘した。

「10番ですごく良いティショットが打てた」という後半に入ると、ショットは復調の兆しを見せ、フェアウェイを捉え始める。「まだまだ諦める位置ではなかったし、自分は挑戦者だと改めて強く思えた」と、意識改革と共にフルスイングが戻ってきた後半は、3バーディ、1ボギー。「後半は2アンダーで回れて、気持ち良く終えられた」と振り返ったが、結果的には通算6オーバーの95位タイ。4試合連続の予選落ちを喫した。

本来のプレースタイルである“攻めのゴルフ”に徹し切れなかったことに対し、「自分の気持ちの弱さを、このコースから学びました」と総括した石川。この後は2週間のオープンウィークを経て「ミズノオープンよみうりクラシック」(6月19日~)に出場する。「リフレッシュは、水曜日(釣り)に十分しました。厳しく、しっかりと真剣にゴルフに向き合って、逃げることなく練習をしたいです。1日でも無駄にしません。無駄にしたら負ける、という気持ちで気合を入れて過ごしたいです」と、悲壮の決意を固めていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 三菱ダイヤモンドカップゴルフ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。