ニュース

国内男子バナH杯KBCオーガスタゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、鬱憤を晴らすド派手なガッツポーズ!

2008/08/29 19:25


「バナH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント」の初日は1バーディ、2ボギーという内容に納得のいかなかった石川遼。2日目にはより多くのバーディを取りに行ったが、思うようなゴルフができずストレスが溜まっていった。

2番パー4で2オンに失敗すると、奥のカラーからピン1メートルに寄せるが、これを外しボギーが先行。その後もチャンスを迎えることができず、耐えるゴルフが続いてしまう。「ドライバーショットは良かったのですが、その後が続かなくて…。パーセーブは続けられましたが、自分のゴルフではなかった」。

その後9番パー5でグリーン奥に2オンしバーディを奪い、11番でもピン奥2メートルのバーディパットを沈め、一時はイーブンパーまでスコアを戻した。しかし、12番でバンカーに入ったボールが目玉となりボギー。スコアを伸ばしたい13番パー5ではピンそば1メートルに4オンしたが、これを外してボギーと2ホール連続でスコアを落とした。

15番まではドライバーショットが良かったと話す石川は、16番で右サイドのラフに打ち込むと残り230ヤードを5番ウッドで再びラフへ。3打目でグリーンを捉えたが、8メートルを2パットでボギー。この時点で3オーバーの50位タイまで後退した。

「17番のスコアボードで順位は確認しました。これ以上落としたら予選は突破できないと思いました」。後の無くなった石川は、最終18番でバーディを取りに行ったが、ティショットが左サイドのラフ。続く2打目は無理な攻めはせず8番アイアイを選択したが、これもラフ。3打目はグリーンを少しオーバーし、逆目のライを見たときにバーディは諦めた。

しかし、ここからの4打目、上手く振りぬいたサンドウェッジでのアプローチが直接カップイン。予期せぬバーディに今までに見せたことのないオーバーアクションでのガッツポーズを見せた。ラウンド後「少し大げさに見えたと思いますが、僕にとっては予選を通過するかしないかは、今後の経験上大きな違いなんです。これで明日もプレーすることができるので、4日間でアンダーパーのグループに入れるようにしたいです」。大会3日目の石川は、9時15分に10番ホールからスタートする。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 バナH杯KBCオーガスタゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。