ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、最高の滑り出しも予選落ちのピンチを脱せず

2008/09/26 20:35


「アジアパシフィック パナソニックオープン」初日、6オーバーと大きく出遅れた石川遼。予選突破にはビッグスコアが求められ、「明日は思い切り振って、全部ピンをデッドに攻めたい」と攻めのプレーを宣言していた。スタートホールの1番、2打目をピン奥2.5メートルにつけると、これを沈めてバーディ発進。いきなりガッツポーズが飛び出した。

続く2番パー5では、ティショットを右のフェアウェイバンカーに打ち込むが、2打目をグリーン手前ラフまで運ぶ。アプローチをミスして3メートルほどショートするが、これをねじ込み連続バーディ。最高の滑り出しで、大勢のギャラリーを沸かせた。

「このまま行って欲しい」と願う石川だったが、4番パー4でトラブル発生。ティショットを右の林に打ち込み、2打目は出すだけ。ピン奥6メートルに乗せるが、ここから3パットしてダブルボギーとする。「ティショットが原因でした。フェアウェイに乗せていれば、あれだけ長いパーパットは残らなかったはず。4番で流れを止めてしまったかもしれませんね」と、その後はパーが並ぶ展開に。最終的には、12番をパーでホールアウトした時点で日没サスペンデッドとなり、6オーバーのままで暫定114位タイ。予選突破は、さらに難しい状況となった。

予選突破の僅かな可能性をかけ、明日は未消化分の6ホールをプレーする。「最終ホールで気持ち良くあがりたい」と石川。厳しい状況ながら、最後までホストプロとしての責務を全うできるか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。