ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼は2週連続で予選落ちに終わる

2008/09/27 10:28


「アジアパシフィック パナソニックオープン」2日目は日没サスペンデッドとなり、第2ラウンドの残りは翌27日(土)の午前6時53分に再開された。石川遼は13番ティショットから再開。通算6オーバーで残り6ホール、予選カットラインはイーブンパー以上が予想される。「茨木の6ホールで6アンダー、7アンダーは難しいと思っていた」と、自身も僅かな望みをかけてのスタートとなった。

最低でも全ホールバーディが求められる中、13番パー4はラフからの2打目がグリーンに届かず、2オン2パットのパー。続く14番パー3もパーに終わり、「13番、14番でパーだった時点で、予選通過はできないと思った」と石川。それでも「気持ち的には切れていなかったし、次に続くようにと集中はできていた」と、17番でボギーを叩いた後の最終18番パー5では、約2メートルを沈めてバーディ。通算6オーバーの110位タイと予選落ちに終わったが、待ち受けていたギャラリーを沸かせてのフィニッシュだった。

先週に続き、初日の出遅れが大きく響いての予選落ち。「初日の気持ちの持ちようが掴めていなくて、“この気持ちで”というものがない」と、メンタル面での課題を挙げていた。次週は、スポンサー契約を結ぶコカ・コーラが主催の「コカ・コーラ東海クラシック」。大事な試合が続くが、「調子は悪くないから、チャンスはあると思う。初日を大切にしたい」と、気持ちを切り替えていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップパナソニックオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。