ニュース

国内男子キヤノンオープンの最新ゴルフニュースをお届け

遼、4戦ぶりの予選突破「気持ちのバランスが取れていた」

2008/10/10 18:28

「キヤノンオープン」2日目に臨む石川遼は、前日に続いて、この日もスタート前にコース外の練習場に寄って、約200球の打ち込みを行った。「スイングのリズムを大切にしたいと思って、調子の良いうちにリズムを体に覚えこませたかった」という石川。その効果は、すぐに現れた。

出だし1番のティショットをフェアウェイど真ん中に運ぶと、2打目はピン右3mにつける。このバーディパットは決められなかったが、安定した立ち上がりを見せる。最初にスコアが動いたのは、201ヤードの5番パー3。石川の球はピンに向かって真っ直ぐ飛び、1mにピタリとついて難なくバーディとした。

迎えた7番パー5は、ティショットが左ラフ。2打目は右サイドのクロスバンカーの縁のラフに止まる。スタンスはバンカーに入りつつも、「残り135ヤードを、8Iを短く持って打った」というこの第3打を1.5mにつけてバーディ奪取。ピンチから一転のバーディに、石川は右手でガッツポーズを作った。

後半は2つのボギーを叩いたものの、結局この日は3バーディ2ボギーの「71」とスコアを伸ばし、通算1アンダーでホールアウト。石川は4戦ぶりの予選突破を果たした。

「ゴルフを土日にしていない、戦っていないというのは、プロゴルファーとして一番悔しいし、土日にプレーしていないというのは、その週に仕事をしたことにならないので、心にでかい穴が開いている感じ」と、予選落ちの日々について振り返った石川。決勝ラウンド進出を決め、「明日がすごい楽しみです」と、表情にも本来の明るさが戻ってきた。

「試合にのめり込み過ぎてもいないし、結果を気にしなさ過ぎているということもなく、気持ちのバランスが取れていました」という2日間。予選を通過したことで、決勝ラウンドでは、さらに思い切りの良いプレーを見せてくれることだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 キヤノンオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。