ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

石川遼、日本OPを思い出し首位と2打差に急浮上!!

2008/11/21 17:40


国内男子ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」を初日1オーバー34位タイにつけた石川遼。初日のラウンド後に練習場で打ち込み、終盤の10球は満足いくボールが打てたと話す石川は、2日目の朝もスイング調整を万全に行い9時50分に1番からスタートした。

1番、2番とティショットでフェアウェイを捕らえ、難なくパーを奪うと、4番パー5では280ヤード飛ばしフェアウェイのセンターをキープ。3番ウッドでの2打目でグリーン手前35ヤードに運び、アプローチはピン手前3.5m。これを確実に沈めバーディを先行させた。

6番パー3はティショットがグリーンをオーバーし、アプローチで2mに寄せるが、パーパットを決められずボギー。距離の短い8番パー4は、5番ウッドでティショットを行い、2打目でピン手前3メートルにピタリとつけた。ここも上りのパットを沈め前半を2バーディ、1ボギーで折り返す。

後半はフェニックス名物、1オン可能な13番パー4で、グリーン手前の幅10ヤードしかないフェアウェイにティショットを運ぶと、2打目でピン手前1.5mにつけバーディ。17番パー3はピン奥9mのカラーからパットでねじ込みギャラリーの大歓声を受ける。そして最終18番、2日連続の2オンとはならなかったが、グリーン右手前のバンカーからピンをかすめ1メートルに寄せ、バーディフィニッシュ。

この日の石川は15番でピンチもあった。ティショットが左サイドの林に入り、2打目でグリーンは狙えず右サイドに脱出。しかし3打目でピンの右手前2mに寄せ、パーで凌いだ。「ピンが左サイドに切ってあったので、とにかく右サイドに脱出することを考えました。残り距離で特別得意な距離はないので、どこでも良かったんです」。

このホールでパーセーブをした石川は「林に入れても、パーセーブできると自信がつきます。次のホールからは林に行くのが怖くなくなりました」。練習場では思い切り振り切れていたショットが、コースに出るとどうしても方向性を考え振り切れていなかったが、この自信が終盤のショットにつながったようだ。

初日のラウンド後の練習では、今年最も良いスイングができた「日本オープン」のときのスイングを思い出そうとルーティンを変えることを決意。体重移動の確認、トップからの切り替えしのタイミングの確認をそれぞれ2回、この日のラウンドではスイング毎にこれを繰り返した。そしてドライバーショットでもピンポイントで狙える自信が戻ってきた。

予選2日間を終えて、首位と2打差の6位タイは、石川が目標としていた20位前後を大幅に上回る嬉しい誤算。決勝ラウンドでも、正確なショットを続けることができれば、今季2勝目、世界の強豪が出場するビッグトーナメントで優勝という快挙を成し遂げるかもしれない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。