ニュース

国内男子フジサンケイクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

谷口徹が2位発進 ベテラン同組「もう飽きた」

2019/09/06 08:05


◇国内男子◇フジサンケイクラシック 初日(5日)◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7566yd(パー71)

ツアー20勝で51歳の谷口徹が6バーディ、1ボギーの「66」でプレー。5アンダー2位という成績にも、本人の表情はいまひとつ。「ショットが良くなかった」と嘆いた。

「練習場からいいショットが全然出ていなかった」と大きな不安を抱えスタートした。出だしの1番でティショットを曲げ木に当てたが、パーセーブ。続く2番(パー3)、3番(パー5)を2連続バーディとした。「きょうはグリーンも止まってくれたので、いつもよりは楽だった」と得意のパットに助けられた。最終18番では2打目をグリーン手前のガードバンカーに入れピンチとなったが、「ライが良かった」と50㎝に寄せパーセーブした。

今季オフからダンベルを使ったスクワットなど、体幹を鍛えるトレーニングを積んできたが「自分が思った通りに打てないので、(練習量との)ギャップでイライラ感が出る。最近は、あきらめ感と両方ですね」。それでも「富士桜はアップダウンもあるけど、去年よりもすいすい上がれるようになったし、ホールアウトしてもあんまり疲れていない」と効果も実感する。

この日はキャディとの連携もうまくいかなかったようだ。濃霧でスタートが1時間遅れたが「キャディが言ってくれれば、こんなに早く来なかったのに」と連絡がなかったことに腹を立てれば、「ラウンド中も2回も距離を間違えていた。いいもの食べさせているんですけどね、働かざる者食うべからずですよ。信頼関係が崩れた一日でした(笑)。今週でキャディ変わるかもしれない」と冗談交じりで愚痴をこぼす。

“谷口節”は止まらない。この日は同じ1968年生まれの手嶋多一と同組だったが「昔は勝負にならんかったのに、最近は争ってる自分が寂しくなってきます」と吐き捨てれば、今季3試合5ラウンド目となる手嶋との同組に「みんな面白いと思って、気を使ってるのか、楽しんでるのか分からんけど、こっちはもういい加減飽きたので外してください、もっと若手と回りたいです(笑)」と笑わせた。2日目も手嶋と同組だ。(山梨県富士河口湖町/柴田雄平)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 フジサンケイクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。