ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

一挙4色展開のコブラ、110%増を計画

「コブラの13年モデルは、カッコよさを付加価値として前面に押し出していきます。テクノロジーは持っていて当たり前。キーワードはズバリ、カラーです」―。コブラプーマの吉福哲事業部長は12月中旬開催の製品説明会で声を高ぶらせていた。

2010年にプーマの傘下に入ったコブラは今年で3シーズン目。その間、つま先からテッペンまでオールホワイトの「ZL」ドライバーを業界に先駆けて投入、プーマイズムをクラブにも注入し話題をさらった。しかし、『R11』、『ロケットボールズ』の成功により、テーラーメイドの功績になってしまった点は否めない。そこで新製品では、レッド、オレンジ、ブルー、ホワイト計4色のドライバー投入を決行した。

<< 下に続く >>

「そもそも"白"は我々が先鞭をつけたんです。欧米仕様はシルバー、レッド、オレンジ、ブルーの4色展開ですが、日本市場はシルバーの代りにホワイトを敢えて展開します。"白"ヘッドは特に出来が良いと自負しており、本社と掛け合い、前年比2倍の本数を売るという約束で、承諾をもらったのです。いずれにしても過去、これだけカラーにフォーカスしたメーカーはないでしょう」(吉福哲事業部長)

3月発売予定の『AMP CELL』ドライバーがそれで、ロフト角を7・5~10・5度(4段階)に加え、2アングル調整可能。日本仕様は白いフジクラランバックスを標準装着し、価格はオープン。はじめてのプロモデル『AMP CELL PRO』ドライバーも投入する。こちらはアッタス4Uのホワイトverとなる。

カールスバッド本社からはケント・パッチョ シニアバイスプレジデントが来日した。以下は同氏との一問一答。

―コブラの販売状況についてお聞かせください。

「買収以前のコブラの成長は緩やかでしたが、プーマの傘下に入ったことで、そのスピードが早まっています。特にこの2年の成長は著しく、グループのなかでも期待されています。13年はコブラ単独で110%増を計画します」

―製品特徴は?

「日本はオレンジ、ブルー、レッド、ホワイトの4色展開です。ギアの世界では白と黒になってしまうところに、大胆で輝かしい色を持ちこむことで、ワクワク感を与えています。業界初の試みだと思いますし、ファッションの要素を盛り込んだ点も斬新といえるでしょう」

―世界のマーケット状況は?

「日本市場はプーマがブランドとして有名ですが、ヨーロッパではコブラの勢いがあり、いくつかの国ではNO.2のポジションになっています。米国においては、プーマもコブラも歴史は浅いにも関わらず、加速度的に伸びています。我々は、ゴルフ業界全体に新風を巻き起こす役割を担っていると思います。特にHCP0~10の人をターゲットにしつつ、グループ全体で牽引していけるのではないかと思っています」

リッキー・ファウラーの来日予定は?

「日本のマーケットは、北米に次ぐ2位のシェアを誇る重要な市場。なので、今秋にリッキー・ファウラーイアン・ポールターの来日を計画中。日本チームからも切望されており、現在、経営陣と折衝中です。楽しみにしていてください」―。

なお、動画ニュースでは12月中旬に開催された展示会及び製品説明会のもようを収録。動画TVでは、ケント・パッチョ氏に単独インタビューを行った。

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!