ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

スイング見える化計画『フルミエル』

携帯電話のミドルウエアなどを開発するIT系企業のアクセスは11月21日、都内インドアゴルフで記者発表会を開催。高性能スイングセンサーと3Dゴルフスイング解析アプリを組み合わせた『Fullmiere(フルミエル、2万円)』を発表した。21日専用サイトもオープンした。

フルミエル』は3次元測定が可能な9軸センサーをクラブのグリップ下に装着して、スイング毎にスマホやタブレットのアンドロイド系アプリにブルートゥースを経由して500の観測点データを送信。アプリでデータを分析し、スイング中のヘッドスピードなど7項目が表示されるが、特筆すべきはスイングの軌道が上下左右前後のすべての方向からビジュアル化され、スイングを動かしながら見える化したことだろう。

デモストレーションを行ったスイングコーチ・関浩太郎氏が絶賛する。
「『フルミエル』を使えば、インパクトで最速になるべきヘッドスピードが何処のポイントで最速になっているかなど、これまでビデオ解析では分からなかったことが簡単に分かるようになります。インストラクターのレッスンが変わるアイテムです」――。

100切りゴルファーから中級者、若年層や女性をターゲットとして訴求するが、
「年間1~3万台売れればヒットといわれるカテゴリーですが、初年度の目標は5万台を目指しています」(同社・山田淳一部長)

同社はそもそも、携帯電話やカーナビのミドルウエアを開発するIT企業で、特に有名なのはドコモの「i-mode」。そんな同社がスイング解析システムの販売に乗り出すのは、9軸センサーをドリームフォレスト社から9軸センサー『MyMo』の売り込みを受け、ゴルフスイングの解析に最適だと考えたからだとか。

来春には、計測したスイングデータを専用クラウドに保存するサービスも開始する予定で、実現すれば複数のスイング比較やプロのスイングとの比較・分析も実現しそうだ。実はその蓄積されたスイングデータが重要で、仮に万単位のスイングデータが集まれば、クラブメーカーの重要な開発ソースにもなりえる。

発売は来年1月下旬。ゴルフ流通を中心に展開するが、同時並行でクラブメーカーとのOEMビジネスも推進していく構え。スイングに悩むゴルファーの救世主となるか?『フルミエル』の実力が試される。

販売・商品に関する問い合わせは販売代理店・デザインチューニングへ、03-5821-6170。

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。