ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

PGMがアコーディアにTOB 世界最大のゴルフ場会社誕生なるか?

2012/11/16 13:30

国内127コースを運営するPGMグループの統括会社・PGMホールディングスは、昨15日の取締役会でアコーディア・ゴルフの株式を公開買付(TOB)することを決めた。買付価格は8万1000円で、期間は本日16日から来年1月17日まで。

目的は両社の「経営統合」で、実現すれば2社を合わせて約260コースを束ねる巨大ゴルフ場運営会社が誕生する。これは国内ゴルフ場数(約2400コース)の11%を占め、両社の年間入場者が約1500万人であることから、国内ゴルフ場入場者数(約8433万人)の18%程度となる見込み。市場での影響力は飛躍的に高まる。

PGMの本気度は、買付価格に表われている。1株8万1000円は、過去6ヶ月におけるアコーディア株の平均値(5万1329円)に対し、57・8%のプレミアムを加えたもの。これについてPGMの神田有宏社長は「一発勝負。この価格に魅力を感じるか否かは株主の判断に委ねたい」と語った。買付予定数の所有割合は下限が20・0%、上限は50・1%(52万4105株)で、仮に上限に達した場合、投資額は424億5200万円。これらは親会社の平和から借り入れる。

さる投資関係者は「非常に高いプレミアムだが、それだけのメリットを計算しているはず。本社機能の統合によるスリム化、市場コントロールの強化で値下げトレンドに歯止めを掛けるなどが予想される」。この点について神田社長は「市場の1割のコース数で影響力を発揮するのは難しいが、様々な面でコスト削減は期待できる。企業文化の違いなど、一般的に統合は難しいが、アコーディアと弊社は様々な面で似ているため、今回のケースは敷居が低いだろう」――。

同氏はアコーディアの賛同表明を期待しつつ、両ゴルフ場のブランドを残したい意向も示している。世界最大のゴルフ場会社誕生の鍵は、アコーディアの株主が握っている。

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。