ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

ヤマハ、インプレスがモデルチェンジ!強弾道でさらなる飛距離

2010/11/02 14:30


先日都内某所で、ヤマハ株式会社が2011年モデルの「インプレスX シリーズ」を発表した。今回のドライバーは、飛距離性能をさらに向上させるため、クラウンの内側を網目状リブにした「パワーケミカルミーリングクラウン」を採用。フェース上部がたわむことにより、フェース面が上向きスピン量を軽減させる効果があるとのこと。

記者会見場には、同社契約プロの谷口徹藤田寛之が駆けつけ、二人とも「ボール初速が速く、強弾道で飛ぶ」と、最新ドライバーの感想を語ってくれた。

<< 下に続く >>

■2011年モデル「インプレスX ドライバー」は4モデル

幅広いゴルファーに応えるため、「インプレスX V425 ツアーモデル」、「インプレスX V440 パワーレングス」、「インプレスX D445 パワーフォワード」、「インプレスX D460 パワードロー」の4モデルがラインナップ。

クラウン部分のたわみを利用して飛ばす「パワーケミカルミーリングクラウン」のほか、反発エリアに関しては、「Vシリーズ」は上下方向に、「Dシリーズ」はヒール下部からトウ上部方向に有効打点エリアを拡大して、平均飛距離のアップを狙っている。

シャフトは、インパクト時にアッパーブローに修正してくれるヤマハ独自で開発した「オービット」赤と青の2タイプのほか、カスタムシャフトとして、三菱レイヨン「ディアマナ アヒナ」、グラファイトデザイン「ツアーAD LV-6」が選べる。発売日は2010年11月27日を予定。

■抜けの良さを極めた「インプレスX FW&UT」

フェアウェイウッドは「インプレスX V FW」と「インプレスX D FW」の2種類、ユーティリティは「インプレスX D UT」がリリースされた。前作から採用している抜けの良さをよくする「フリックソール」に加え、船底形状をヒントにしたブレードをトウ&ヒールに配置することにより、直進性がアップした。発売日は2010年12月4日を予定。

■谷口、藤田がそれぞれ監修したアイアンと、スピンのかかるルール適合ウェッジ

藤田が監修している「インプレスX Vフォージド ツアーモデル」は、ヘッド・ソールの削り方にこだわり、構えた印象、ソールの抜け具合、打感にこだわった限定モデル。一方、谷口が監修した「インプレスX Vフォージド」は、ロングアイアンでの方向性、ミドル・ショートアイアンでの打感を重視した。

そのほか「インプレスX フォージドウェッジ」は、軟鉄鍛造でトップブレードを厚くすることで重心を高くし、スピンをかけやすくしたモデルになっている。発売日はアイアン、ウェッジとも2010年11月27日を予定。

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!