ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

優勝者のクラブセッティング/2010年「関西オープン」野仲茂

「関西オープンゴルフ選手権」で、野仲茂(39歳)がプロ入り19年目にして悲願の初勝利を飾った。彼が使用するドライバーは、まだ発売前の「ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE GR」と、「フジクラ ランバックスZ」シャフトのコンビ。難しいコースセッティングを果敢に攻めて、次々と攻略していく姿は圧巻だった。今回、優勝者のクラブセッティングをシャフトスペックまで公開する。

野仲茂のコメント

「念願の優勝をすることが出来、本当にうれしいです。今はまだ実感がありませんが・・・。今週は、ドライバーの調子が良かったです。X-DRIVE GRは、飛距離が出る上に、コントロール性がよく、難しいコースセッティングでしたが、思い切って攻めていくことができ、優勝することが出来ました。せっかくひとつ勝てたので、もう一つ勝てるようにがんばります!」

<< 下に続く >>

野仲茂のクラブセッティング(※優勝時)

ドライバー:
ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE GR プロトタイプ(ロフト:9.5度、シャフト:ランバックス 7Z08(X)、長さ:44.75インチ)

フェアウェイウッド:
ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE FW プロトタイプ(3番、シャフト:モトーレスピーダー(X))
ブリヂストン ツアーステージ X-DRIVE 701 FW(5番、シャフト:ランバックス プロトタイプ(S))

アイアン:
ブリヂストン ツアーステージ X-BLADE 703(4番-PW、シャフト:DG S-300)

ウェッジ:
ブリヂストン ツアーステージ X-WEDGE 101LB プロトタイプ(ロフト:52度、シャフト:DG S-300)

ボール:
ブリヂストン ツアーステージ X-01B+

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!