ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

PGAで話題沸騰のシャフト

あの『プロジェクトX』にグラファイトモデルが登場!トゥルーテンパースポーツは3月、プロ御用達のスチールシャフト『プロジェクトX』にウッド・ユーティリティ用のグラファイトシャフト『プロジェクトXグラファイト』を発売する。

発売されるモデルは、ウッド用・ユーティリティ用で各5機種、計10機種。『プロジェクトXグラファイト』は、すでに昨年7月より米PGAツアープロへの支給を開始、現在まで30名以上の使用実績を記録するもの。同ツアーにおけるドライバー&フェアウェイウッドの使用率はニューモデルながら18%超に達し、その性能はさらに口コミで広がっているという。

<< 下に続く >>

プロジェクトX グラファイト』の開発にあたり、同社はアイアン用『プロジェクトX』の性能特性をウッド用へ継承。これに加えて、ゴルファーの適用にも留意したバリエーションのある設計とスペックに仕上げたを採用した。

■ 硬度5.0~7.0■キックポイント中調子~元調子 ■重量60g~69g。全5機種を揃えている。

製品特徴は、ツアープロの要望に応える低弾道と低スピン。そしてエネルギーロスを最小化し、安定した方向性(直進性)と最大飛距離性を実現するもの。低スピン設計はドライバーからアイアンまでのフロー一貫性を重視。セット間の打ちやすさや距離ピッチを念頭に入れて作られている。

また、インパクト時のトウダウンを軽減することでスクエアなインパクトが可能。ロフト角の大きいクラブでも低スピン化を図ったという。製品対象者は、ライフル愛用ゴルファーやプロ・上級者からアベレージゴルファーまでと全般。価格はオープンを採用。

プロ供給専用のハード仕様『プロジェクトXグラファイト・ツアーイシュー』(全7機種)も日本での発売が3月に予定されている。『ツアーイシュー』はダイナミックゴールド版がすでに限定販売されたが、すでにセット用(ウエッジ用は継続販売)は完売。石川遼プロが使用していることもあり、市場で人気が沸騰中。今回発売される『プロジェクトXグラファイト・ツアーイシュー』はウッド用で数量の限定はないという。

プロのような強弾道が打ちたいゴルファーは、一度試す価値のあるニューモデルだ。

おすすめ記事通知を受け取る



今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!