ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

1Wに新構造を採用 ヨネックス最新「EZONE GT」シリーズ誕生

2022/01/25 13:45


ヨネックス株式会社(本社・東京都文京区)は、飛距離性能を追求する「EZONE GT(イーゾーン ジーティー)」シリーズの2022年モデルを3月11日に発売する。17年の登場から3代目となり、前作から2年ぶりのリニューアル。ドライバーからアイアンまでフルラインアップで展開する。

EZONE GT ドライバー」では、ヘッド後方に厚みを持たせる新構造「サイドウォール」を採用。インパクト時のヘッドのブレを軽減してボールを強く押し込み、同社が掲げる『ぶ厚いインパクト』の実現により、前作を超える初速と飛距離性能を生むという。

<< 下に続く >>

ソールのトウ寄り部分には、カーボンよりも軽量の微結晶性ポリアミド材を配置。これにより生まれた余剰重量をヘッド周辺に配分することで、シリーズ最大の慣性モーメントと、最適なつかまりの度合いを備える重心設計が可能となった。

また、フェースとクラウン裏面、およびソール内部のフェース寄りに溝(グルーブ)を設けて反発性能を高める「インコアグルーブ」を前作からアップデート。溝の形状を改良することでフェース面の反発性能を均一に高め、従来モデルに比べてミスヒット時の飛距離ロスを低減させるという。

ヘッド体積は、直進性に優れて高弾道が打ちやすい450ccと、操作性が高く力強い中弾道で飛ばせる425ccの2タイプを用意。標準シャフトは同社オリジナルの「RK-03GT」を装着している。税込価格は8万2500円。問い合わせはヨネックスゴルフ営業部(03-3833-3526)まで。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!