ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

短尺用シャフトにさらなる飛び 「スピーダー SLK タイプD」登場

藤倉コンポジット(本社・東京都江東区)は、ドライバーの短尺用シャフト「スピーダー SLK タイプD」(SPEEDER SLK Type-D)を10月8日に発売する。

短尺化によりミート率と操作性を高めるコンセプトをもとに、2019年に誕生した「スピーダー SLK」がモデルチェンジ。「Type-D」はディスタンス(距離)を意味し、さらなる飛距離性能を求めるユーザーの声に応える形で開発された。長さは前作と同じく、同社の「スピーダー エボリューション」シリーズに比べても1~2インチ短い45インチに設定されている。

<< 下に続く >>

カーボンと金属を複合する独自テクノロジー「Metal Composite Technology」を前作から継承し、短尺化に合わせた最適な重量バランスに設計。また、前作では手元側に複数積層したフープ層をシャフト全長に施すことで、つぶれによる変形を抑え、心地良いしなり戻りを生むという。

さらに今作では、過去モデルに比べてねじれが少ないロートルクに設計されたほか、高強度・高弾性カーボン素材を先端に複数積層することで先端部の剛性をアップ。ヘッドスピードの加速と効率的なパワー伝達をアシストし、さらなる飛びを実現する。

硬さは、シャフトの特性に合わせて設定されたワンフレックス(SR相当)。重量帯は49.5g、58.0g、66.0gの3種類。価格は5万円+税。問い合わせは藤倉コンポジッ(03-3527-8433)まで。

おすすめ記事通知を受け取る
藤倉コンポジット
発売日:2020/10/08 参考価格: 55,000円

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!