ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 全米プロゴルフ選手権
期間:07/28〜07/31 場所:バルタスロールGC(ニュージャージー州)

米プロゴルフ協会の采配に疑問噴出 火曜フィニッシュもあり得る?

2016/07/31 09:41

不毛な中断時間をじっと過ごし、記者たちにもストレスがたまっていたのだろうか。「全米プロゴルフ選手権」3日目は、悪天候のため上位の選手がスタートできないまま順延となった。順延決定後、状況説明のために開かれた米プロゴルフ協会(PGA of America)大会責任者のケリー・ヘイグ氏の記者会見は、運営方法について厳しく追及する弾劾裁判の様相となった。

雷雲接近で中断となったのは午後2時過ぎ。なぜ天気予報を見越して、早い時間に3サム2ウェイ(3人1組で1番と10番から)で出さなかったのか?――というのが、記者たちのぶつけた批判だ。

<< 下に続く >>

ヘイグ氏は言う。「天気予報はこの3日間とほぼ同じで、気温32度の夏空で午後に雷雨の可能性があるというものだった。メジャー大会だし、いつでも可能な限り、1番から1ウェイでスタートさせようと考えている」。

(記者)天気予報は100%ではないけれど、2つのスタートティを使うことに比べて高いリスクを、あえて取ったのはなぜか?

「さっきも言ったように、天気予報がこの2日とほとんど同じだったからだ。メジャー大会は、メジャー大会のように運営したい。選手たちにとって、1番から順番にプレーしていくことは重要だと考えている」

(記者)でも、最初の2日間は2つのティを使っている。なぜ3日目はダメなんだ?

「(予選2日は)156人がプレーしている。日没までに終わらないだろう」

すべては「天気予報が悪い方に当たった」という主旨の返答に終始したヘイグ氏。その後も「最終日に36ホールをプレーするのは、年配の選手に不利ではないか?」「組み替えなしでは(第3ラウンドに伸ばした上位の)キスナーやハリントンには不公平では?」と、厳しい質問が浴びせられた。

ここバルタスロールGCで前回開催された2005年の「全米プロゴルフ選手権」も最終日に雷雨に見舞われ、月曜日フィニッシュとなった。今年は日曜日に加えて、月曜日も雷雨予報が出ている。火曜日までの長期決戦となる可能性があることも、この会見を殺伐な雰囲気にした一因だろう。(ニュージャージー州スプリングフィールド/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2016年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!