ニュース

米国男子WGCデルマッチプレーの最新ゴルフニュースをお届け

2016年 WGCデルマッチプレー
期間:03/23〜03/27 場所:オースティンカントリークラブ(テキサス州)

救済を受ける?受けない? 松山英樹が下した判断

ゴルフのルールブックを開くと、最初に飛び込んでくるのは次の文言だ。

「球はあるがままにプレーせよ。コースはあるがままにプレーせよ。それができないときは、最もフェアと思う処置をとる。最もフェアと思う処置をとるためには、ゴルフ規則を知る必要がある」

<< 下に続く >>

とはいえ、おやっと思うような処置を目にすることも少なくはない。それは、プレーヤーの意志を尊重するゴルフ競技の性質上、完全にはなくならない類いのものだろう。

「WGCデルマッチプレー」の2日目、松山英樹のプレー中に起こったある場面は、そんな疑問も起こり得るケースだった。舞台は松山が4アップで迎えたドーミーホールの15番。ここで、松山はティショットを大きく左に曲げてしまい、球はカート道のさらに左の池のふちギリギリのラフに止まった。

球から見てグリーン方向には、仮設のホスピタリティテントが建ち並び、もしそちらに打っていくつもりならば、動かせない障害物として救済を得ることができる状況だ。置かれた球の位置を考えると、かなり右の、フェアウェイ付近まで球を出すことができたかもしれなかった。

競技委員がやってきて、松山にこう聞いた。「もし障害物が直接的に邪魔になるなら、救済を受けられる。で、君はどう打とうとしているんだい?」

球の近くで左打ちの素振りを1、2度行った松山だったが、すぐに諦めて、通常の打ち方で右真横に出すことを選択した。そこに邪魔になる障害物はなく、もちろん救済も受けなかった。

その後、居合わせた競技委員に確認すると、もしあの場で松山が左打ちで(右打ちだとスタンスが取れないため)ピン方向を狙うつもりだと主張したら、救済を受けることはできただろうと教えてくれた。救済を受けて状況が変わり、今度はそこから通常の右打ちでピンを狙ったとしても、なんらルール上の問題はないという。

「でも、人々の議論の対象にはなっただろうね」とその競技委員。「彼は正しい判断をしたと思うよ」。

今回、松山はこのホールを引き分ければマッチに勝利するという状況だった。もしもこのホールを落としても、残り3ホールで1つでも引き分ければ、それで勝ちが決まる。無理をする必要はなかった。

だが、もしこれが優勝の懸かった決勝戦で、相手にドーミーを取られている状況だったらどうしただろう? その場合、左打ちでピン方向を狙うという選択肢の現実性も、より高まってくるのは確かだが…。

やはり、“ルールを利用する”のではなく、“フェアと思う処置をとる”ためにルールの助けを借りる、という立場で考えるのが大切だろう。サッカーなどで“マリーシア”と呼ばれるしたたかさは、ゴルフでは違和感にしかならない。その意図が、本心かどうかが肝心だ。

このときの処置について、松山本人に聞いてみた。「左打ちで狙うと主張したら救済も受けられたようだけど?」。すると、松山はフンッと鼻で笑って即答した。

「そんな現実じゃないことが通じるとは思えないし、それは分かりきっていることなんで、言う価値もないですね」。この男に関しては、余計な心配は無用のようだ。(テキサス州オースティン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

今岡涼太(いまおかりょうた) プロフィール

1973年生まれ、射手座、O型。スポーツポータルサイトを運営していたIT会社勤務時代の05年からゴルフ取材を開始。06年6月にGDOへ転職。以来、国内男女、海外ツアーなどを広く取材。アマチュア視点を忘れないよう自身のプレーはほどほどに。目標は最年長エイジシュート。。ツイッター: @rimaoka

関連リンク

2016年 WGCデルマッチプレー




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!